Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「もっとヘタになりたい」画家・五木田智央の魅力に迫る

美術出版社は「五木田智央」を特集した『美術手帖』10月号を、2022年9月7日に発売した。五木田智央は1990年代より音楽やサブカルチャーに影響を受けた大量のドローイング作品により注目を集め、その後グラデーションを特徴とするモノクロのペインティング、近年ではミニマルで造形的なカラー作品を発表。国内外のギャラリーや美術館などで個展を開催するなど、その国際的な評価は高い。作家の根底に流れる「ヘタうま」思想、色濃く影響を受けた70〜90年代カルチャーなど、あらゆる角度から五木田智央を深掘りする特集となっている。

adf-web-magazine-bijutu-tetyo-2022-oct-1

『美術手帖』10月号

五木田の絵画制作の原点は、日本の美術教育ではなく自ら浴びるように享受した1970年代〜90年代のミックスカルチャーにある。ハイアートの外側を走り続け、気がつけば日本を代表する画家のひとりとなっていた彼は、これまで何を考えどのように絵を描き続けてきたのか。この特集では「もっとヘタになりたい」と語る、五木田の絵画はもちろんのこと、それらを生み出す文化的コンテクストにも焦点を当て、彼の絵画構築の方法や創作の原点に迫る。adf-web-magazine-bijutu-tetyo-2022-oct-3

巻頭インタビューでは、絵における「ヘタうま」の魅力から自らが画面のなかに生み出す「形」について、そして子供の絵から受ける衝撃の話まで「ヘタ」を愛し制作の自由を求める五木田にとっての絵画論を展開。絵の説明を避けてきた五木田の絵画を、出来る限り解説する記事「『コンセプト』なき絵画制作の方法論」では、ネタ元となるスクラップ・ブック、人物を描く理由、形を生み出す方法論やシンプルな技法など様々な角度から、五木田の絵画制作の方法に迫った。adf-web-magazine-bijutu-tetyo-2022-oct-4

また本特集では、五木田の先輩であり恩人でもある画家・角田純との対談、五木田と関わりのある音楽家のジム・オルークやテイ・トウワ、精神分析医で多くの作家論を執筆するジェイミーソン・ウェブスターへのインタビュー、TOGAの古田泰子ら旧知の仲の6名が集まったアトリエでの飲み会レポートなども収録。さらに佐々木敦らによる五木田の作家像を深堀りする2本の論考なども掲載するなど、現在での五木田智央大全といった内容になっている。

目次

  • SPECIAL FEATURE 五木田智央
  • 作品の変遷 2007~2022
  • 五木田智央インタビュー
  • 「ヘタ」の美しさと作品ならざる絵画の自由
  • 「コンセプト」なき 絵画制作の方法論
  • 対談:角田純 × 五木田智央
  • 絵のわからなさと付き合い、ただ「普通」に描いていく
  • ジェイミーソン・ウェブスター(精神分析医)ネトルトン太郎=聞き手
  • 五木田智央の文化的コンテクストを探る
  • ジム・オルーク(音楽家)松村正人=聞き手
  • The Original Photo Book by Tomoo Gokita 2001
  • 五木田智央の写真集
  • 五木田智央の「ヘタうま」画業人生
  • テイ・トウワ(音楽家)
  • ティム・ブラム(Blum & Poe共同創設者)ネトルトン太郎=聞き手
  • 石井孝之(タカ・イシイギャラリー代表)
  • みんなで語る「五木田智央」 など

美術出版社

1905年の創業以来、一貫して良質な美術図書の出版を手掛ける。『美術手帖』『ワイナート』などの定期雑誌、『カラー版美術史シリーズ』をはじめとする美術・デザイン・建築などの芸術全般にわたる書籍の出版、美術展のカタログ制作、「美術検定」事業のほか、アートと人々をつなぐ多彩な事業を行っている。

『美術手帖』2022年10月号書籍概要 

発売日2022年9月7日
定価1800円
発売美術出版社

pwa