Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

靴アートの個展「未来へ跳ぶ靴(Shoes That Jump Toward the Future)」

スパイク・リーなどの世界的映画監督や俳優、国内では宮内庁にも製作実績を持ち、世界的アート団体からもアーティストとして認められた靴職人三澤則行。カンヌ、 ニューヨーク、ロンドン、ベルリンなど世界各地で作品を発表してきたが、2020年は「日本の靴150周年」の記念イベントとして東京浅草で個展「未来へ跳ぶ靴(Shoes That Jump Toward the Future)」を2020年11月23日(月・祝) から 11月29日(日)まで開催する。

adf-web-magazine-shoes-that-jump-toward-the-future

《燃える靴》(映像作品)

adf-web-magazine-shoes-that-jump-toward-the-future-2

《足の巣》

adf-web-magazine-shoes-that-jump-toward-the-future-3

《曲げられた靴》

未来へ跳ぶ靴(Shoes That Jump Toward the Future)概要

タイトル三澤則行 作品展 〜未来へ跳ぶ靴(Shoes That Jump Toward the Future)〜
会期2020年11月23日(月・祝) ~ 11月29日(日)
時間10:00 ~ 18:00  (最終日のみ 〜17:00)
場所東京浅草文化観光センター7F(東京都台東区雷門2-18-9)
主催クツミライ・パートナーズ / シューフィル 

pwa