Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

日本を代表する建築家磯崎新は米寿を迎えた2019年に建築界のノーベル賞と目されるプリツカー賞を受賞し大きな話題となった。磯崎にとって節目となる時期に、自ら設計を手掛けた国内にある3つの美術館、ハラ ミュージアム アーク、水戸芸術館、奈義町現代美術館において展開してゆく『縁起』展が開催。磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、水戸芸術館の設計コンセプトや経緯について、資料を中心に紹介する小規模な展覧会が2020年1月26日まで開催されている。本展はハラ ミュージアム アークに続き、2回目の展覧会となる。

adfwebmagazine_arata_isozaki

展示情報

展示会名磯崎 新-水戸芸術館 縁起
会場水戸芸術館 現代美術ギャラリー第9室
開催日2019年11月16日(土)~2020年1月26日(日)
開催時間9:30〜18:00(入場時間は17:30まで)
休館日月曜日、年末年始(12月27日(金)~1月3日(金))、1月14日(火) *ただし、1月13日(月・祝)は開館
入場料「アートセンターをひらく 第Ⅱ期」展の入場料に含まれます。