Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

BankART KAIKOとBankART Stationの2館全館を使用

B ankART1929では、BankART KAIKOBankART Stationの2館全館を使用して2022年10月7日から11月27日まで、大型個展を開催する。シュウゾウ・アヅチ・ガリバーは1964年から制作を始め、その活動は半世紀を超える。1960年代後半の熱い文化芸術の現場を生きた現存する作家の1人で、近年は海外での作品発表が中心となっている。

adf-web-magazine-breath-amorphous-1

Appearance
©SAGYO,Tokyo

日本では名前のみが一人歩きし、シュウゾウ・アヅチ・ガリバーの興味深い作品や活動の詳細の多くは知られていない。昨年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が彼の作品を収蔵・展示公開したことについても、国内において知る人は限られている。1960年代の文化・芸術の掘り起こしが世界的な規模で進む中、BankART1929でもこの作家の貴重な活動を日本で広く紹介するとともに、改めて世界の文化芸術の地平に注ぐ。作家は現在も現役で盛んな制作活動をし、新作も展示公開する。

adf-web-magazine-breath-amorphous-3

甘い生活 1995 / A.T.C.G. / インターコース[東京バージョン]マルセル・デュシャン(1887-1968)とエルヴィン・シュレーディンガー(1887-1961)に捧げる
©SAGYO,Tokyo

adf-web-magazine-breath-amorphous-5

肉体契約
©SAGYO,Tokyo
Courtesy Sagacho exhibit space

adf-web-magazine-breath-amorphous-6

Weight [Human ball]
©SAGYO,Tokyo

シュウゾウ・アヅチ・ガリバー

1947年滋賀県大津市生まれ。1965年滋賀県立膳所高校在学中にハプニングʼ草地ʼを発表。1967年。上京、フーテンの名士としてマスコミに報道される。第1回PLAY展(三宮東遊園地、神戸)、Exptance(ディスコティックL.S.D.、東京)において「Switch」ほか実験的な映画作品を発表。1973年写真集『Second Life of Gulliver』刊行。“BODY”(肉体契約)シリーズの制作をはじめる。その後も国内外において、数々の個展を開催。近年では、2018年「On a bien accroché」 (Maison Grégoire、ベルギー)、2020年恵比寿映像祭-「時間を想像する」 (東京都写真美術館)、個展“Shuzo Azuchi Gulliverʼs Cinematic Illumination” (ニューヨーク近代美術館)などがある。作品は京都国立近代美術館、東京都写真美術館、ニューヨーク近代美術館 (MoMA)などにパブリック・コレクションとして収蔵されている。

シュウゾウ・アヅチ・ガリバー「消息の将来」展開催概要

会期2022年10月7日から11月27日まで
時間11:00-19:00(会期中無休)
会場BankART KAIKO + BankART Station(2館合計1,500平米)
入場料観覧のみ:1,200円 / カタログ付チケット:3,800円