Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

不用品を伝統工芸で暮らしに蘇らせた『再生工芸展 -New Trashditioal Art-』を開催

オクノテと加飾紙製造販売を行う湯島アート日比谷オクロジにて『再生工芸展 -New Trashditioal Art-』をDESIGNART TOKYO 2021 期間中の2021年10月22日(金)から10月31日(日)まで開催する。本展では、なぜか捨てられない、そんな行き場を失ったモノたちを、”一点モノ”を作り出す日本の伝統工芸の力に着目し、もう一度暮らしのなかに蘇らせるため、端材や廃材、不用品を活用して制作したプロダクトやアート作品を展示する。ものを作るだけでなく、「ものを再生する力」を見出すことで伝統工芸そのものも再生していきたいという願いが込められている。

adf-web-magazine-designart-tokyo-2021-new-traditional-craft-1.png

「再生工芸展 -New Trashditional Craft」

展示作品

紙の加飾技法を異素材に挑戦することをテーマに、さまざまな素材に応用した作品を多数展示。

adf-web-magazine-designart-tokyo-2021-new-traditional-craft-2.jpg

使わなくなった食器に加飾

adf-web-magazine-designart-tokyo-2021-new-traditional-craft-3.jpg

庭に置いてあった瓦に加飾

adf-web-magazine-designart-tokyo-2021-new-traditional-craft-5.jpg

アクリルパーテーションに加飾

出展者紹介

  • 一色清(湯島アート):「木版」「金銀箔砂子」「雲母刷毛引き」などの手仕事から始まり、シルクスクリーン印刷なども手掛ける、襖紙の意匠をデザイン・加飾する職人の工房で明治から三代目の伝統工芸士。美術大学卒業の社員とともに新たな加飾紙を開発。原点の手仕事を大切にと考え、伝統の図柄・材料・技法・美意識を尊重しつつ新しいデザイン・商品の開発にチャレンジしている。
  • 清水覚(オクノテ ): 2019年から、複業活動として企画とデザインを提供する個人事業「オクノテ」を開業。2020年から東京都中小企業振興公社のデザイン相談員に着任。さまざまな業態の企業とタッグを組み、新商品・サービスの開発に取り組む。0から1を生み出すフェーズから、1を100にするフェーズまで、総合的な企画とデザインを手掛けている。
adf-web-magazine-designart-tokyo-2021-new-traditional-craft-6.jpg

展示フライヤー

「再生工芸展-New Trashditional Craft-」概要

会期2021年10月22日(金)から10月31日(日)まで
時間11:00~20:00
会場日比谷オクロジ(東京都千代田区内幸町1丁目7-1)

pwa