Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

若手アーティスト支援を目的としたアワード「TERRADA ART AWARD 2023」が開催

寺田倉庫は、現代アートにおける優れたアーティストを見いだすアワード「TERRADA ART AWARD 2023」を開催する。応募期間は2022年11月21日(月)から2023年1月31日(火)までとなっており、2023年9月11日(月)にはファイナリストが発表、2024年1月には「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」が開催される。adf-web-magazine-terrada-art-award-2023-1

若手アーティストの支援を目的とした現代アートアウォード「TERRADA ART AWARD」。世界を舞台に活躍するアーティストの輩出を念頭に、これまで国際的な視点と現代アートに関する深い見識を持つ審査員を迎えて実施されてきた。審査は作品内容、展示プランの精査を経て、ファイナリストを選出。ファイナリストには制作費の支援としての賞金、および当社施設での展示機会を提供される。

前回開催の「TERRADA ART AWARD 2021」においては、国内外1,346組の応募があり、ファイナリストに選出された5組(川内理香子、久保ガエタン、スクリプカリウ落合安奈、持田敦子、山内祥太)は、2021年12月に「TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展」において作品を発表した。本アワードは、アーティストが活躍できる社会を紡ぐとともに、これからのアート業界を牽引する可能性を秘めたファイナリストが、自身の、そして日本のアートシーンの前例を超え、世界に羽ばたき、その存在意義を確立できるまでのキャリアを支援する。

adf-web-magazine-terrada-art-award-2023-3

TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展(2021年12月開催)より。Artwork by Rikako Kawauchi/Photo by Tatsuyuki Tayama

「TERRADA ART AWARD 2023」応募概要

応募期間:2022年11月21日(月)~2023年1月31日(火)18:00

応募条件:以下全ての条件を満たす方

  • 国籍不問 ただし日本語でのコミュニケーションが可能な方
  • 1個人または1ユニットにつき1件の応募とする
  • 応募開始時点で18歳以上45歳未満の方(ユニットの場合 代表者の方)
  • 2023年12月から2024年1月に予定されている、ファイナリスト展(設営・撤収含む)および授賞式に参加できること
  • これまでTERRADA ART AWARDでファイナリストとして選出されていないこと

対象活動:現代アート全般(絵画等の平面、写真、立体(オブジェクト)、テキスタイル、映像、デジタル・メディアアート、パフォーマンスなど身体表現、音または音楽など全ての媒体を含む)

応募方法オンライン応募 

支援内容:ファイナリスト5組に各300万円 ※TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展のための新作制作・展示の費用を含む

URLhttps://www.terradaartaward.com

adf-web-magazine-terrada-art-award-2023-2

応募からファイナリスト展までの流れ

「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」について

ファイナリスト5組は、最終審査において提出した「展示プラン」に基づき、賞金の300万円を制作費として活用し、実際に作品を制作する。会場は倉庫空間をリノベーションした寺田倉庫イベントスペースを予定。

adf-web-magazine-terrada-art-award-2023-4.jpg

TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展(2021年12月開催)より。Artwork by Atsuko Mochida(左) Artwork by Shota Yamauchi(右)/Photo by Haruo Wanibe

審査について

一次審査員
  • 池城良(アーティスト、ミュージシャン、研究者、香港城市大学クリエイティブメディア学部 助教授)
  • 大巻伸嗣(美術作家)
  • 木村絵理子(横浜美術館 主任学芸員)
  • 高橋龍太郎(精神科医、現代アートコレクター)
  • 竹久侑(キュレーター、水戸芸術館現代美術センター 芸術監督)
  • 椿玲子(森美術館キュレーター)
最終審査員
  • 金島隆弘(アートプロデューサー、京都芸術大学 客員教授)
  • 神谷幸江(美術評論家、キュレーター)
  • 寺瀬由紀(アートインテリジェンスグローバル ファウンディング・パートナー)
  • 真鍋大度(ライゾマティクス ファウンダー、アーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ)
  • 鷲田めるろ(十和田市現代美術館 館長)

pwa