xofyyJYYWMY

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

チームラボプラネッツに新たなアート空間「Vegan Ramen UZU Tokyo」がオープン

東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、京都発のヴィーガンラーメン「Vegan Ramen UZU Tokyo」がオープンする。2020年3月、京都でオープンし、入店1時間待ちの行列ができるなど話題を呼んでいる「Vegan Ramen UZU Kyoto」のヴィーガンラーメンが、新しい作品空間《虚像反転無分別》や《空と火のためのロングテーブル》で食べることができる。また、作品で使用したランを持ち帰ることができる花屋「temLab Flower Shop & Art」も新設される。いずれも、2021年10月8日(金)のオープンを予定しており、チームラボプラネッツ来館者以外も利用が可能となっている。adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-3

Vegan Ramen UZU

2020年3月、京都の御所南にオープンした「Vegan Ramen UZU Kyoto」では、チームラボが空間設計などを担当し、客人は、アートに包まれながら、ヴィーガン料理を食べることができる。今回、チームラボプラネッツにオープンする「Vegan Ramen UZU Tokyo」では、テイクアウト可能なヴィーガンラーメンを、新たに公開する作品空間で楽しむことができる。「Vegan Ramen UZU Tokyo」限定の花のヴィーガンラーメンや茶のヴィーガンラーメン、ヴィーガンアイスクリームも用意。

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-5

ヴィーガンラーメン醤油

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-6

ヴィーガンラーメン味噌(辛)

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-4

Vegan Ramen UZU Tokyo限定新メニュー:ヴィーガンラーメン茶

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-2

Vegan Ramen UZU Tokyo限定新メニュー:ヴィーガンラーメン花(冷)

新たに公開される作品

虚像反転無分別  / Reversible Rotation - Non-Objective Space 

作品空間は、テーブルや椅子などの物理的な境界面から自由になる。

書かれた「空書」は作品空間の中を同一方向に回転しているが、「超主観空間」の特性として、視覚的には、左回転も右回転も論理的に同等となる。そのため、意識によって、書は、左回りにも、右回りにもなる。

「空書」とは、チームラボが設立以来書き続けている空間に書く書のこと。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築し、チームラボの「超主観空間」の論理構造によって2次元化している。書は平面と立体との間を行き来する。

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-1

虚像反転無分別 / Reversible Rotation - Non-Objective Space, teamLab, 2021, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire

このテーブルは、《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》と空が映り込む。テーブルは、作品とつながり、そして空とつながる。
人間は世界とつながりなくては生きていけない。この机の上で、生きること、そして食べることは、世界とつながり続けることであることを思いながら、何かを食してもらえたらと思う。

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-7

空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire, teamLab Architects, 2021

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-13

teamLab FIRE:アプリを起動して《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》に近づくと、炎がともり、作品を持ち帰ることができる。また、ともした炎を他の人のアプリに近づけると、炎がつながっていく。

teamLab Flower Shop  &  Art

今年7月に公開された、13,000株を超えるランの花々と一体化する作品《Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体》で使用したランを持ち帰ることができる花屋。ランは、花が散った後も生き続け、何度も咲き、数十年と生きる場合もある。作品の一部を持ち帰ってもらうため、多様なランが入ったトートバックを販売する。一株ごとに購入できるランも用意。adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-9

adf-web-magazine-teamlab-vegan-ramen-uzu-8

《Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体》©teamLab

「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」概要

会期2018年7月7日 – 2022年末 ※休館日:10月5日(火)
所在地東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間9月(平日 10:00 - 20:00、土日祝 9:00-20:00)10月(平日 10:00 - 19:00、土曜 9:00 - 20:00、日曜 9:00 - 19:00)
チケットストアhttps://teamlabplanets.dmm.com
ウェブページhttps://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

pwa