Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

"What if Women Ruled the World?"

アメリカのフェミニスト美術家、教育者、作家であるジュディ・シカゴの回顧展「Herstory」が、ニューヨークのニューミュージアムで2024年1月14日まで開催中。4フロアで構成された冒険旅行のような本展では、60年以上にわたるシカゴの作品を結集し、シカゴに多大なインスピレーションを与えつつも美術史上でその名を忘れ去られてきた女性たちに光を当てている。今回の回顧展を通して、シカゴは彼女たちを再び力強く蘇らせ、人々の記憶の中で生き続けさせようとした。

adf-web-magazine-dior-herstory

©TIFFANY NICHOLSON

シカゴが追求し続けてきたフェミニズムアートの真髄は、絵画、彫刻、インスタレーション、ドローイング、写真、エングレーヴィング、ステンドグラスなどのアプローチに加えて、ディオールのクリエイティブ・ディレクターであるマリア・グラツィア・キウリにとって特に思い入れの深い「媒体」である刺繍をも取り入れて明らかにされる。本展では、キウリとシカゴの間で情熱的な対話が交わされて実現した2020年春夏オートクチュールコレクションのクリエイションも紹介されている。

ディオールは特別なパートナーとして、創造性と文化、そしてエレガンスが融合したガラディナーを開催し、この唯一無二な試みを祝福。クリエイティビティのパワーを多面的に讃える本展は、ディオールと芸術の揺るぎない結びつきを称えている。


pwa