Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

東京建物と世界的ホテリエ エイドリアン・ゼッカとの協業 -古民家を活用した地方創生への貢献

東京建物とAzumi Japanは、しまなみ海道に位置する生口島(広島県尾道市瀬戸田町)にてAzumiが新しく立ち上げた旅館ブランド「Azumi」の第1号物件となる旅館「Azumi Setoda」を2021年3月にオープンする。本プロジェクトは、空き家・空き店舗の増加による空洞化が課題となっている生口島の瀬戸田地区において、古き良き街並みのシンボルでありながらも長らく空き家となっていた、約140年の歴史を持つ古民家「旧堀内邸」を活用し、旅館として再生することによって、観光地としての魅力向上とともに地域コミュニティの維持・活性化を目指すプロジェクト。

adf-web-magazine-azumi-setoda-2 adf-web-magazine-azumi-setoda-3

東京建物は、不動産証券化のスキームを活用しながら、これまで世界各地でその土地の文化やコミュニティ、芸術、食材を尊重してきた実績を持つアマン創業者であるAdrian Zecha(エイドリアン・ゼッカ)を創業メンバーとするAzumiとともに、様々なステークホルダーと一体となって、本プロジェクトの開発に取り組んできた。瀬戸田という場所に流れる伝統的な要素を重んじながらも、革新的な発想を「Azumi Setoda」の至るところで表現し、地域全体に賑やかな連携をもたらすような「地域を代表する宿」となることを目指す。

adf-web-magazine-azumi-setoda adf-web-magazine-azumi-setoda-1

adf-web-magazine-adrian-zecha-azumi-setoda-ryokan2 adf-web-magazine-adrian-zecha-azumi-setoda-ryokan3

adf-web-magazine-adrian-zecha-azumi-setoda-ryokan2

adf-web-magazine-adrian-zecha-azumi-setoda-ryokan5

「Azumi Setoda」プロジェクトの背景・経緯

2018年に尾道市により公募された「瀬戸田町古民家等活用事業」にナル・デベロップメンツが活用事業者に選定され、築140年の古民家である「旧堀内邸」を取得しプロジェクトがスタートした。その後、東京建物などが出資した合同会社を通じて、旅館「Azumi Setoda」と旅籠+銭湯「yubune」を整備している。

SDGsをはじめとした社会課題解決への貢献

東京建物は、「社会課題の解決」と「企業としての成長」をより高い次元で両立する「次世代デベロッパーへ」の進化を長期ビジョンとして掲げており、事業を通じてSDGsをはじめとする様々な社会課題解決への貢献に取り組んでいる。東京建物とAzumiは、「Azumi Setoda」「yubune」を通じ、様々なステークホルダーと一体となって、観光産業を軸とした地域の経済とコミュニティの活性化により持続可能なまちづくりを支援していくことで、SDGsおよび地方創生へ貢献していく。

adf-web-magazine-azumi-setoda-4


pwa