Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ロロ・ピアーナ 銀座店にて「青木淳展 – The Touch Of Architecture」を開催

昨年、東京の銀座中央通りにオープンした「ロロ・ピアーナ 銀座店」を設計した建築家 青木淳のキュレーションによるエキシビション「青木淳展 – The Touch Of Architecture」が2021年4月16日(金)から5月9日(日)までロロ・ピアーナ銀座店の4階で開催される。adf-web-magazine-loropiana-aoki-exhibition-3

銀座の街並みの中、空に向かってうねりを見せる「ロロ・ピアーナ 銀座店」の細く長いファサードは、控えめながら特殊な輝きを放つ。この印象的なファサードを設計した建築家 青木淳は、ロロ・ピアーナが誇る素材の究極の手触りからインスピレーションを得て、非常に柔らかで滑らかな肌触りを建築という硬い物質で表現する、相反するコンセプトに挑戦した。adf-web-magazine-loropiana-aoki-exhibition-2

今回のエキシビションでは、普段はVIPルームとして使用されている最上階を一般公開し、この印象的な銀座店のファサードのデザインが、青木の思考の中でどのように生み出され、実際に形となったのか、その誕生までのストーリーを紹介する。デザインのインスピレーション源となったロロ・ピアーナの歴史とDNA。世界に誇る最高品質の素材によって極上の「Touch-手触り」を生み出すブランドの真髄と、その手触りからインスピレーションを得たファサードが誕生するまでの過程を青木がキュレーションし、視覚と触覚の両方で演出する。adf-web-magazine-loropiana-aoki-exhibition-4

製品に触れてまず印象的だったのは、ビキューナやベビー・カシミヤといった貴重な素材の感触でした。非常に滑らかで、素肌にふれてもチクチクしない、これまで体験したことのないものでした。温かみがあるのだけどシャープで、視覚的に表現するならば光沢に近いとおもいました。ブランドカラーであるクンメルも、レンガ色なので温かく重みがあるのだけれど、生地に触れるとツルっとしています。本来共存しそうにない要素が、ロロ・ピアーナでは共存し得るのです。

建築家 青木淳

 

青木淳 プロフィール

日本の建築家、アーティスト。東京大学を卒業後、磯崎新アトリエに勤務。その後1991年に「面白そうなこと」を手掛けたいと東京に青木淳建築計画事務所を設立。公共建築、商業施設、個人宅など多方面で活躍。アートインスタレーションや出版物の作成も手掛ける。主な作品は、ルイ・ヴィトンの世界各地の主要店舗、遊水館のプール施設(1993年)、潟博物館(1997年、日本建築学会賞作品賞を受賞)、青森県立美術館(2006年の国内オープンコンペティションで最優秀賞を受賞)。2005年に文化庁芸術選奨新人賞を受賞。

ロロ・ピアーナについて

世界最高級の原材料を使い、最もこだわりの強い顧客のためにウェアやアクセサリーをイタリア国内で製造し、国際ネットワークを用いて直営店、ウェブサイト、厳選されたセレクトショップを通じて販売。テキスタイル業界におけて6世代にわたり蓄積した豊かな経験に基づき、ロロ・ピアーナを高級素材や繊維生産のマスターとして、市場トップの地位を築いてきた。adf-web-magazine-loropiana-aoki-exhibition-1

「青木淳展 –The Touch Of Architecture」開催概要

会期2021年4月16日(金) ~ 5月9日(日) ※4月24日(土)と25日(日)は15:00-20:00までイベントのためクローズ
会場ロロ・ピアーナ 銀座店 東京都中央区銀座3-5-8
営業時間11:00 - 20:00 (最終入場:19:30)
URLhttps://bit.ly/3wWdgKA

pwa