Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

中村拓志、二俣公一、熊野亘による新作家具を発表。書籍『天童木工とジャパニーズモダン』2021年7月上旬発刊

2020年6月に創立80周年を迎えた木工家具メーカー天童木工が、創立80周年を記念して昨年より取り組んできた「TENDO JAPANESE MODERN / 80 PROJECT」。建築、インテリア、プロダクトそれぞれの視点から天童木工の今を体現してもらうために招聘された3名のデザイナー、中村拓志、二俣公一、熊野亘による新作家具が完成した。また、天童木工が80年の歴史の中で協働してきた建築家やデザイナーとの数多の仕事をまとめた書籍『天童木工とジャパニーズモダン』も刊行される。20201年7月2日(金)より天童木工 東京ショールーム&ストアにおいて、7月7日(水)より代官山蔦屋書店2号館において新作プロダクトのエキシビションが開催される。

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project

TENDO JAPANESE MODERN /80 PROJECT

第二次世界大戦後、成形合板技術をいち早く取り入れ、建築家やデザイナーと仕事を重ねることで、日本の居住空間の発展に大きく寄与してきた天童木工。その歴史は、日本の生活様式や価値観の大きな変化や多様化とともにある。こうした歩みのなかでも、天童木工を黎明期から支えたデザイナー、丹下健三、剣持勇、柳宗理といった日本を代表する建築家、デザイナーと協議を重ねる中で生まれた「ジャパニーズモダン」の思想は、今なお天童木工のものづくりの大きな指針となっている。本プロジェクトでは改めて「ジャパニーズモダン」の意義や普遍性を探るとともに、新たなデザイナーを招聘し、次なる時代を見据えた家具づくりや創業から現在にいたるデザイナーとの仕事をまとめた書籍の制作に取り組んできた。

新たにデザインを依頼したのは、世界的に活躍する建築家の中村拓志、デザイナーの熊野亘、二俣公一。彼らを本社工場へ迎え、家具やアーカイブ、それらを実現した技術を見学、職人との対話を重ね、それぞれの視点から天童木工の今を体現するデザインが生まれた。

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-4

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-5

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-10

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-9

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-7

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-3

天童木工

adf-web-magazine-tendo-hapanese-modern-80-project-12

左から右 Design by Hiroshi Nakamura、Design by Koichi Futatsumata、Design by Hiroshi Nakamura

『天童木工とジャパニーズモダン』

創立80周年を記念し、天童木工が協働してきた建築家やデザイナーとの数多の仕事を、時代順に追いかけた書籍『天童木工とジャパニーズモダン』が7月上旬に刊行される。洋家具との出会いに端を発する天童木工の家具づくりは、戦後、日本の気候風土に根差した建築・デザイン文化を追求した建築家やデザイナーとの協働で大きく発展した。とりわけ剣持勇を中心に、日本独自のデザインを探求する「ジャパニーズモダン」の思想から、天童木工のものづくりは大きな影響を受けている。日本の建築史における様々な名作に納められた数多の家具づくりを通じて、天童木工では多様なコラボレー ションを行ってきた。本書ではあらためて「ジャパニーズモダン」の普遍性を探りながら、実例とともに天童木工が日本の家具や空間に寄与してきた役割を再考する。時代とともに移り変わるライフスタイルへの考察や、また80周年を記念し開発した新作家具の製作プロセスやデザイナーへのインタビューの収録など、ビジュアルとともに歴史を 振り返り、未来につなぐ一冊となっている。

デザイナープロフィール

中村拓志( NAP 建築設計事務所 )

1999 年明治大学大学院理工学研究科建築学専攻博士前期課程修了。同年「隈研吾建築都市設計事務所」入所。2002年「NAP建築設計事務所」を設立し、現在に至る。地域の風土や産業、敷地の地形や自然、そこで活動する人々のふるまいや気持ちに寄り添う設計を信条としている。 

二俣公一

九州産業大学在学中より「CASE-REAL」として活動を開始し、2000年に事務所開設。現在、空間設計を軸とするCASE-REALとプロダクトデザインに特化する「KOICHI FUTATSUMATA STUDIO」の両主宰を務める。福岡・東京を拠点に国内外でインテリア・建築から家具・プロダクトに至るまで多岐に渡るデザインを手がける。

熊野 亘

2001-08年にフィンランドへ留学、ヘルシンキ芸術大学 ( 現アールト大学 ) 大学院を卒業後帰国。2008年よりJasper Morrison Tokyo Studio 代表を務める傍ら、2011 年にデザインオフィス「kumano」を設立し、国内外の インテリア、家具、プロダクトデザインやプロジェクトマネージメントを手掛 けている。2019年より、武蔵野美術大学非常勤講師を務める。

TENDO JAPANESE MODERN /80 PROJECT 新作発表会

会期2020年7月2日〜 30日   
会場天童木工 東京ショールーム ストア
住所東京都港区浜松町1-19-2 

pwa