Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

1950年代からインスパイアされたデザイン

フィスカースジャパンが展開する北欧デザインのパイオニアとして北欧のライフスタイルを提案するイッタラは、ティーマの70周年を記念した商品を発表する。1950年代のオリジナルカラーからインスピレーションを得たヴィンテージブルーとヴィンテージブラウンの2色を新色として加え、さらに昨年日本先行で発売したニュートラルなカラーのリネン、人気のハニーやパールグレーにも新アイテムを追加してラインナップを拡充。

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-11952年にカイ・フランクによりデザインされたティーマ(発表当時の名称キルタ)は、北欧デザインの代表格として知られイッタラのデザイン哲学を体現するコレクションとして、世代を超えて人々のくらしの中で愛され続けてきた。ティーマの70周年を記念して発表したのは1952年のオリジナルコレクション(キルタ)からインスピレーションを得たヴィンテージブラウンとヴィンテージブルーの2色で、ノスタルジックな雰囲気を漂わせてティーマ70周年を祝う。また2021年に日本先行で登場したニュートラルなカラーのリネン、人気のハニーやパールグレーにも新アイテムが登場する。

アイコンの70周年記念

ヴィンテージブルーとヴィンテージブラウン2色の釉薬は1950年代のオリジナルコレクション同様、少し透明感のある釉薬を使用している。この透け感はアイテムのかたちによって微妙に異なるものとなり、ひとつひとつ豊かな風合いを醸し出している。またティーマのサービングアイテムも新たに登場。「ティーマ」にインスパイアされ、日本料理やアジア料理に合うようにデザインされたシリーズ、ティーマティーミにも新色ヴィンテージブルーと、ナチュラルでソフトなリネンが加わる。adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-2

サステナビリティ、平等、節度

ティーマはサステナビリティ、平等、節度というフランクの先駆的な考えをさまざまな形で体現している。ティーマの多機能性、シンプルなフォルム、組み合わせの自由、高い品質をもつデザインは、流行に左右されない定番コレクションとなった。消費と資源の活用に関してフランクが持ち続けた概念は、今日関心がもたれているものであり、不必要な消費、使い捨ての文化に反対し、本質的なものを追求したフランクは多くの点で時代を先取りしていた。 1960年代に「素材の研究は再利用可能な素材の研究にもっと重点を置くべきだ」とフランクは述べている。そのようなフランクの考え方は日本のデザインや美学への深い関心から影響を受け、北欧のデザインと日本のデザインの間には合理性やシンプルなデザイン言語、自然素材への経緯などの共通点がある。

3つのシンプルなかたち

フランクは「すべての食器は、丸、四角、三角という最も基本的な形から生まれる」というシンプルなデザイン思想のもと、ティーマを一枚一枚デザインした。フランクのビジョンに忠実に、ティーマは多機能でスタッキングができ、丈夫、日常的に多用途に使えるアイテムで構成されている。それぞれのアイテムはオーブン、冷凍庫、電子レンジ、食洗機に対応しており、食材の下ごしらえから調理、盛り付け、食事までキッチンでのあらゆるシーンで活躍する。

次の世代とともに

1952年の発売以来、ティーマは北欧デザインの象徴的な存在となった。多機能なアイテムを単体でも組み合わせても、それぞれの家庭のニーズに合わせて使えるようにするというカイ・フランクの考え方は70年の間にライフスタイルや食生活が変わるなか、流行に左右されることはなかった。ティーマは今も世界中の家庭で愛され続け、ティーマの価値観と流行に左右されないデザインは世界と次世代に影響を与える、よりサスティナブルなライフスタイルをつくりあげる一助となるだろう。

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-3

ティーマ プレート ヴィンテージ ブルー、 ヴィンテージ ブラウン、 リネン

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-5

ティーマ ボウル15cm ヴィンテージ ブルー、 ヴィンテージ ブラウン

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-6

ティーマ スクエアプレート 16cm x 16cm ヴィンテージ ブルー、リネン、パールグレー

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-10

ティーマ ボウル 3.4L, 1.65L ハニー、リネン

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-11

ティーマ ミニサービングセット リネン

ティーマ ティーミ アジア限定発売新色

adf-web-magazine-iittala-tima-70th-anniversary-7

ティーマ ティーミ プレート ヴィンテージ ブルー、リネン

イッタラについて

イッタラは、1881年フィンランド南部にあるイッタラ村でガラス工房として誕生。優れたデザイナー達とクラフトマンの情熱に支えられ、陶磁器やステンレス製品にラインナップをひろげながら現在に至る。北欧デザインのパイオニアとして「人々の暮らしをより豊かにする」という企業理念のもと、世界的に有名なデザイナーや建築家を多数起用し、ただ美しいだけでなく、機能性・本質を大切にした毎日使い、世代を超えて受け継ぐことのできる流行に左右されないタイムレスなデザインを追求している。

フィスカースについて

「フィスカース(Fiskars)」は、フィンランドの小さな村の製鉄所として1649年に設立され、まもなく370年を迎える歴史を誇るブランド。現在はFiskars、Wedgwood、Iittala、Gerberなど、世界的に有名なブランドを抱える大手消費財グループ企業に成長した。 住空間も“クオリティー・オブ・ライフ(生活の質)”の大切な要素と考えるフィンランド発の企業らしく、象徴的な製品、強固なブランド力、世界的な志を持つフィスカースグループの使命は、家、庭、屋外での人々の生活を豊かにすること。世界中の社員に共有されているスローガンは、“Making the everyday extraordinary(毎日をこの上ない特別な日にする)”。フィスカース ジャパンはこのスローガンを実感できるような生活を日本の消費者に提供することを目指して2017年に発足した。


pwa