Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2020年5月の京都市京セラ美術館リニューアルオープンより販売スタート

ビームスが大規模なリノベーションを経て、今春リニューアルオープンする京都市京セラ美術館のオリジナルグッズを監修した。今回のオリジナルグッズは、2020年5月26日(火)オープンの京都市京セラ美術館に併設されるミュージアムショップ「ART LAB KYOTO」で販売される。監修を担当したのは2010年の発足以降、数々の社外のクライアントワークを行なってきたビームス創造研究所。 新たに美術館館長に就任した建築家青木淳が手がけた美術館の意匠とリニューアルに際して生まれ変わった美術館の新しいロゴに呼応した白と濃いグレーを基調とした繊細なデザインで、ギフトやご自身用のスーベニアグッズとしてだけでなく、日常的に使いたくなるような気の利いたアイテムを取り揃える。

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-2

缶(茶筒) 大 1,800円 小 1,200円

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-3

A5サイズリングノート 1,300円 リングメモ 900円

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-4

ノートブロック 各2,000円

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-5

紙製クリップ 550円

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-6

手ぬぐい 1,500円

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-7

バッグ 3,500円 サコッシュ 2,500円

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-8

京都の御菓子司「亀屋則克」とコラボレーションした干菓子 1,500円

京都市京セラ美術館は、平安神宮や京都国立近代美術館を擁する京都市左京区の岡崎公園内に位置し、関西を代表する公立美術館として知られている。伝統美に囲まれた京都にあって、新しい個性も育んできた岡崎というエリアの柔軟な感性に見合った、伝統に革新を加えたミュージアムグッズを取り扱う。

京都市京セラ美術館オープンについて

adf-web-magazine-beams-kyoto-kyocera-museum-1

京都市京セラ美術館は事前予約・定員制にて開館する。当面の間は,府県をまたいだ移動の自粛が要請されていることから,入館者を京都府在住の方に限定するとともに、感染症対策として事前予約制による入館制限及び入館者の体温チェックを実施。事前予約をされていない方は、カフェ・ミュージアムショップ等の無料エリアにも入館できない。詳細については同館ウェブサイトを参照。


pwa