Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH」展

2020年3月にリニューアルオープンした六本木 蔦屋書店では、店内のギャラリースペース「BOOK GALLERY」にて、2020年6月16日(火)から7月26日(日)の期間、アートプロジェクト「東京フォトグラフィックリサーチ」の展示会を開催する。

本展では、13組のアーティストが2020年代の東京をテーマに制作した作品群をウェブ上で段階的に発表する、東京フォトグラフィックリサーチのメインプロジェクトより、小山泰介(写真家)、顧剣亨(写真家)、永田康祐(アーティスト)、細倉真弓(写真家)、三野新(写真家・舞台作家)+ 網守将平(音楽家)、渡邉庸平(アーティスト)の6組による、写真、映像作品十数点を実空間で初めて展示する。

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research

東京2020オリンピック・パラリンピックや相次ぐ再開発、そして今回のCOVID-19の感染拡大によって、東京がもつ意味は根底から問い直されている。時代に応答する気鋭の6組の視点が映し出す「東京」の姿を楽しめる内容となっている。

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research-1

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research-2

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research-3

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research-4

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research-5

adf-web-magazine-tokyo-photographic-research-6

東京フォトグラフィックリサーチについて

2020年代を迎えた「東京」を舞台に、最先端の写真/映像表現を通じてまだ見ぬ都市と社会と人々の姿を探求し、ここから見出されたヴィジョンを未来へ受け継ぐことを目的としたアートプロジェクト。発起人である写真家の小山泰介とキュレーターの山峰潤也を中心に、写真家、現代美術家、建築家、メディアアーティスト、音楽家、デザイナー、プロデューサー、編集者など20名超の有機的なアート・コレクティブによって、ウェブプロジェクトや展覧会、トークイベント、リサーチプロジェクトなど多様に活動を展開している。

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH展

会期2020年6月16日から2020年7月26日まで
時間当面の間9:00~22:00 ※予告なく変更の可能性あり
場所六本木蔦屋書店 2F BOOK GALLERY
主催六本木 蔦屋書店
問合せ先TEL 03-5775-1515
URLhttps://bit.ly/30w2GfM

pwa