“Theo Jansen Exhibition” to be held at Yamanashi Prefectural Museum of Art from April 24, 2021

adf web magazineadf web magazineadf web magazineadf web magazine

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現代のレオナルド・ダ・ヴィンチとも称される「テオ・ヤンセン展」が開催

山梨県立美術館は「テオ・ヤンセン展」を2021年4月24日(土)より6月22日(火)まで開催する。現代のレオナルド・ダ・ヴィンチとも称されるアーティスト、テオ・ヤンセン。本展ではヤンセンの制作した巨大アート作品「ストランドビースト」の実物展示を中心に、各パーツの紹介、模型や映像展示、また実際に展示室内で作品を動かす「リ・アニメーション」を公開し、ヤンセンとストランドビーストの世界を堪能できる。

adf-web-magazine-theo-jansen-at-yamanashi-6

オランダ出身のテオ・ヤンセンは大学で物理学を学んだ後、画家に転向し、その後1990年よりストランドビースト(オランダ語で「砂浜の生命体」)の制作を開始した。ストランドビーストは、プラスチック・チューブやペットボトル、粘着テープといった身近な材料を組み合わせ、物理学による計算に基づいて形作られた風力で砂浜の上を歩く生命体。ヤンセンの制作をとおして新たな機能を獲得し、それらが生物の進化になぞらえられるストランドビーストは、自然との共生、芸術と科学の融合など、様々なことを伝えてくれる。本展ではストランドビーストの実物展示を中心に、各パーツの紹介、模型や映像展示、また実際に展示室内で作品を動かす「リ・アニメーション」を展示する。

adf-web-magazine-theo-jansen-at-yamanashi

《アニマリス・ペルシピエーレ・プリムス》2006年 セレブラム期 ©Theo Jansen

adf-web-magazine-theo-jansen-at-yamanashi-2

《アニマリス・オムニア・セグンダ》2018年 ブルハム期 ©Theo Jansen

adf-web-magazine-theo-jansen-at-yamanashi-3

《アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ》2013年 アウルム期 ©Theo Jansen

adf-web-magazine-theo-jansen-at-yamanashi-5

《アニマリス・ウミナミ》2017年 ブルハム期 ©Theo Jansen

テオ・ヤンセン(Theo Jansen)について

1948年、オランダのスフェベニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を専攻し、1975年に画家に転向。1990年より風力で動く「ストランドビースト」の制作を開始し、以降世界各地で公開される。アートと科学を融合したその作品から、「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも称される。

「テオ・ヤンセン展」情報

会期2021年04月24日(土)〜2021年06月22日(火)
会場山梨県立美術館
住所山梨県甲府市貢川1-4-27
展示室山梨県立美術館 特別展示室
時間09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
休館日月曜日(5月3日、6月21日は開館)、5月6日(木)
備考事前予約制 

pwa