Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

資生堂による新進アーティスト応援公募プログラムの入選者展

第17回「shiseido art egg」展が2024年1月30日(火)から5月26(日)の期間に資生堂ギャラリーで開催される。資生堂が新進アーティストを応援する公募プログラム「shiseido art egg」に入選した林田真季野村在岩崎宏俊の3名の個展となる。「shiseido art egg」は2006年にスタートして以来、今回で17回目。延べ48名(組)の入選アーティストが個展を開催、その後も活躍の幅を広げている。

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-1

第17回目の審査は鬼頭健吾(美術家)、蓮沼執太(音楽家、アーティスト)、平藤喜久子(神話学者、國學院大學)が担当し、応募総数351件の中から林田真季、野村在、岩崎宏俊の3名を選考。独自の視点で今日の世界を見つめ、時代が抱える不安や困難に真摯に向き合い、そこから新しい価値観や美意識を表現しているかが審査のポイントとなった。林田は現実社会をテーマにあらたなアートとしての写真の可能性を探求。野村は変容し続ける情報媒体を独自の視点で捉え、人間の本質や存在の在り方を問う。岩崎は追憶をテーマにしながらロトスコープを用い、アニメーションの芸術表現としての可能性を探った。

選ばれた3名はキュレーターのサポートのもと作品テーマや表現を深めながら制作に取り組み、それぞれが一つの個展としてまとめ上げ、第1期(林田)、第2期(野村)、第3期(岩崎)と続いて発表する。これまで疑いようのなかった既成概念や慣習の変化と向き合いながら、美しく健やかな社会の未来を感じさせる作品になる。

各展の見どころ

第1期展 林田真季展 / 2024年1月30日(火)~3月3日(日)

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-2

From the series Almost Transparent Island, 2017-2019

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-3

Installation view of Beyond the Mountains in KYOTOGRAPHIE KG+SELECT at Shijyo Ryogaemachi Building, Kyoto, 2021

林田真季は、人間による利己的な行動が予期せぬ結果をもたらすという「意図せざる結果」の法則に着目。そのアプローチは、リサーチに労と時間を費やすプロジェクトでもあり、テーマはイギリス沿岸部の過去のごみ埋立地の姿と日本各地の大規模不法投棄事案を問題とする。写真による視覚的ドキュメントと空間的なイメージの奥行きは、独自のインスタレーションを構成し、鑑賞者を新たな現実の考察へと導く。

林田真季

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-8

1984年大阪府生まれ。2007年関西学院大学総合政策学部卒業。2022-2023年ロンドン芸術大学ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーションMA Photography在学。東京都在住。主な活動に2023年アルル国際写真フェスティバルLUMA Rencontres Dummy Book Award入選、2021年KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭 「KG+SELECT」 参加。

第2期展 野村在展 / 2024年3月12日(火)~4月14日(日)

adf-web-magazine-soul-reclaim-device

「Soul Reclaim Device」 (“A portrait of my departed sister” ) 2018 水槽、水、インクジェットプリンター ギャラリーαM

adf-web-magazine-a-molding-rain

「A molding rain / CMYK」2016 氷、火、ワックス、ガラス、キャンピングバーナー、鍋 gallery COXIST-TOKYO

野村在は、写真や彫刻を素地とした様々なメディウムを通して、生と死やその間に横たわるものを露わにすることを試みてきた。本展では、亡くなった人の写真を水に印刷する写真装置や、今後、数十年間において稼働し続けるパフォーマティブな作品を発表。過去、現在、未来が交差し、アナログからデジタルへと変容する情報媒体を独自の視点で捉え、人間の本質や存在の在り方について問いかける。

野村在
adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-9

撮影:星野健太

1979年兵庫県生まれ。2009年ロンドン大学ゴールドスミス校MFA取得。2013年武蔵野美術大学造形研究博士後期課程造形芸術専攻作品制作研究領域修了。兵庫県在住。主な活動に2021年「Echoes」(Ulterior Gallery、ニューヨーク)、2017年「can't rewind it -巻き戻せない-」(双ギャラリー、東京)。

第3期展 岩崎宏俊展 / 2024年4月23日(火)~5月26日(日)

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-7

「DARK MIXER」 2014-2019  アニメーション インスタレーション

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-5

「On Time Off Time」 2020 アニメーション

岩崎宏俊は実写映像をトレースしてアニメーションを制作するロトスコープという手法に着目し、芸術表現としての可能性を探求してきた。本展では、パンデミックの影響で直接会うことの叶わなくなった人や残された風景の記録映像をトレースしている。作者はその行為が追憶であると捉え、大プリニウスが『博物誌』に記した絵画の起源、「ブタデスの娘」が離別する恋人の影の輪郭を壁に写した行為と重ね合わせる。ロトスコープを通じ、描くことや記憶の在り方を問い直す試み。

岩崎宏俊

adf-web-magazine-shiseido-art-egg-17th-4

1981年茨城県生まれ。2019年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現領域博士後期課程修了。愛知県在住。主な活動に2021年 「Motion Studies:Five Contemporary Animators」、(Schick Art Gallery at Skidmore College、アメリカ) 参加、2015年「詩的図像学/岩崎宏俊 展」(東横イン元麻布ギャラリー、甲府)。

「第17回 shiseido art egg」展 開催概要

会期第1期展 林田真季展 2024年1月30日(火)~3月3日(日)
第2期展 野村在展 2024年3月12日(火)~4月14日(日)
第3期展 岩崎宏俊展 2024年4月23日(火)~5月26日(日)
時間平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00 ※月曜、祝祭日は休館
会場資生堂ギャラリー
料金無料
主催資生堂
URLhttps://tinyurl.com/44ea4ju2

pwa