Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ダミアン・ハースト / サー・マイケル・クレイグ・マーティン / ジュリアン・オピー 英国の現代美術を象徴する3名の作品を一堂に集めて

阪急うめだギャラリーにて、「英国の現代アートの巨匠たち BRITISH CONTEMPORARY MASTERS」が2022年10月5日から10月17日まで開催する。見る側の想像で様々なとらえ方をし、感性を豊かにするということで世界的にブームになっている現代アート。ロンドンは欧米の中でも現代アートの先駆けの地とされ、美術館巡りが観光の目的になるほどアートの盛んな都市で、現代アートの美術館や画廊が集まる街でもある。

adf-web-magazine-british-contemporary-master-1

世界現代美術史の中で1980-90年代に頭角をあらわしたアーティストの一群、“YBAs(Young British Artists)” 。今回は英国フェア開催にあわせ、その衝撃的なコンセプトで新しいアートのあり方を提唱し社会現象にまでなった、YBAsを代表する英国の現代アートの巨匠ダミアン・ハースト、サー・マイケル・クレイグ・マーティン、ジュリアン・オピーを特集。希少価値の高い作品、それぞれの作家の特徴や作品の背景を紹介し、現代アートの奥深さを感じられる展覧会となっている。

ダミアン・ハースト

1965年英国・ブリストル生まれ。カラフルなドットをモチーフにした“スポット・ペインティング”で世界各国の美術愛好家の注目を集める。1995年に英国の由緒あるターナー賞を受賞。2008年サザビーのオークションにて存命アーティストの最も高額な作品となる価格で落札された。今春の東京 国立新美術館の「ダミアン・ハースト 桜」展で発表された作品のジクレープリントも紹介。

adf-web-magazine-british-contemporary-master-2

COURAGE(120×96㎝、2021年ジクレープリント、アルミ複合パネル)

サー・マイケル・クレイグ・マーティン

1941年、アイルランド・ダブリン生まれ。2001年エリザベス女王より大英帝国勲章CBE 、2016年にはナイトの称号を授与。日常の身の回りにあるオブジェを題材にシンプルなフォルム、豊かな色彩で描いたコンセプチュアルアーティスト。YBAs を育てた指導者として、国際アートフェア Freeze 展の主導者としての実績も。日常的なモチーフと明るいカラー使いで、変化に富んだ遊び心溢れる作風が印象的。

adf-web-magazine-british-contemporary-master-3

Domesticated NatureVegetables(85×72㎝、2022年シルクスクリーン、紙)

ジュリアン・オピー

1958年英国・ロンドン生まれ。英国のロイヤルバレエ団のステージデザインや、世界的なロックバンドU2のステージデザインなどジャンルを超えた活動も行い、若い世代からの人気も高い。人物や建造物をシンプルな線描画で描いた作品で魅了している。

adf-web-magazine-british-contemporary-master-4

Running People:Elvis(58.5×8×14㎝、2020年アルマイト加工アルミニウム、コーリアン)

「英国の現代アートの巨匠たち BRITISH CONTEMPORARY MASTERS」

期間2022年10月5日から10月17日まで
場所阪急うめだギャラリー

pwa