Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

直島旅館「ろ霞」のアートプロジェクトに名和晃平や品川亮などの著名アーティストが参加

2022年4月、直島にオープンする本格旅館「ろ霞」にて展開されるアートプロジェクトの参加アーティストに、名和晃平、品川亮などが決定した。両氏を含めた、今最も注目されているアーティストたちの新作がコレクション、展示、販売される。adf-web-magazine-roka-art-project-1

現代アートの島『直島』で、若手アーティスト作品との出会いの宿としてオープンする直島旅館「ろ霞」。世界に向けて若手現代アーティストを発信するために、ろ霞アートプロデューサーに後藤繁雄(京都芸術大学教授)が就任し、アートキュレーションとアートプログラム開発の総責任者としてろ霞のアートマネジメントを行う。このアートプログラムでは、国内の若手現代アーティストを中心に全客室とレストラン棟にテーマとなるアーティスト描き下ろし作品が随時企画展として展示販売され、またアーティストが参加するコミュニケーションイベントの開催が予定されている。adf-web-magazine-roka-art-project-5adf-web-magazine-roka-art-project-8adf-web-magazine-roka-art-project-3

ろ霞のオープンにあたっては、館内に名和晃平、品川亮、山本捷平、山田康平、横田大輔ら、今最も注目のアーティストたちの新作をコレクション、展示する。そして企画第1弾として、宿泊用の11部屋全てに、気鋭のペインター・品川亮が新古今和歌集から選んだ歌にもとづいた新作を展示・販売する。これは、ろ霞だけでの公開となる。adf-web-magazine-roka-art-project-6

ろ霞アートプロデユーサー 後藤繁雄 プロフィール

大阪府生まれ。編集者、クリエイティブディレクター、アートプロデューサー、京都芸術大学教授。「独特編集」をモットーに、坂本龍一、細野晴臣、篠山紀信、蜷川実花、名和晃平等のアートブック、写真集も数多く手掛ける。また自ら主宰するG/P+abpをプラットフォームとして、150 を超す展覧会をキュレーションしてきた。直近のプロデュースの仕事として、GINZA SIXにおける名和晃平の巨大なインスタレーション「Metamorphosis Garden」のアートプロデュースがある。また、京都芸大大学院GOTOラボ、SUPER SCHOOL online「A&E(ART & EDIT)」 を主宰。

アーティスト 品川亮 プロフィール

1987年大阪府出身。主な個展に「LANDSCAPE」(oil by 美術手帖ギャラリー/東京/2021)、「Nature’s first green is gold,」(銀座蔦屋書店/東京/2020)など。主なアートフェア「VOLTA New York (Metropolitan West/ニューヨーク/2020)」「ARTISTS’ FAIR KYOTO (京都文化博物館/京都/2020)」など。開国とともに作られた“制度に厳密に従うことによって存続してきた「日本画」”によって分断された江戸時代まで続く日本の絵画を再考できないかと考え制作。本来、滞りなく流れゆくはずだった日本の絵画の道行きは、どのよう現代につながるはずだったのか。我々日本人にとって最もリアリティーのある絵画とはどのようなものなのか、問い続けながら制作を続ける。

adf-web-magazine-roka-art-project-9.jpg

品川亮

直島旅館「ろ霞」概要

住所〒761-3110 香川県香川郡直島町本村1234
開業2022年4月予定
定休日不定休(館内メンテナンス日)
URL先行予約販売サイト

pwa