Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

視覚、芸術、感受性、そして詩的な"対話"が⽣み出す

フォンダシオン ルイ・ヴィトンは、クロード・モネの世界最大のコレクションを誇るマルモッタン・モネ美術館と提携し、日本でも根強い人気の印象派の巨匠クロード・モネの晩年の作品(1914〜1926)である《睡蓮》を始めとする作品と、抽象表現主義の作家として再評価が高まっているアメリカのアーティスト、ジョーン・ミッチェルの作品との対話をテーマとした「モネ − ミッチェル」展を2022年10月5日(水)から2023年2月27日(月)まで開催することを発表した。

adf-web-magazine-fondation-louis vuitton-2

© Iwan Baan Fondation Louis Vuitton, 2014

「モネ - ミッチェル」展は、クロード・モネ(1840〜1926)とジョーン・ミッチェル(1925〜1992)という2⼈のアーティストの作品の間に、初めて視覚、芸術、感受性、そして詩的な"対話"が⽣み出す。ジョーン・ミッチェルは、これまで男性アーティストが多かったアメリカ抽象表現主義というジャンルにおいて、女性アーティストとしての再評価がなされている。2人のアーティストは、彼らが活躍したそれぞれの時代のみならず、後世のペインターたちその⾜跡を残している。「モネ - ミッチェル」展は、共通の風景に対するそれぞれの画家のユニークな反応をさまざまな形で再現されている。

「モネ - ミッチェル」展

adf-web-magazine-fondation-louis vuitton-1

Claude Monet, Le jardin à Giverny, 1922-1926 Oil on canvas, 93 x 74 cm Musée Marmottan Monet, Paris © Musée Marmottan Monet, Paris

クロード・モネの「睡蓮」は1950年代に⽶国で認知され、抽象表現主義の画家たちによって抽象化の先駆けとして捉えられるようになった。ジョーン・ミッチェルはモネが1878年〜1881年にかけて暮らした邸宅に近いヴェトゥイユに移り住む。モネとミッチェルはセーヌ河畔という同じ⾵景を前にし、モネは「感覚」、ミッチェルは「感情」と、似た単語から定義する絵画的アプローチを展開。パリ地⽅の⾃然からインスピレーションを受けたモネとミッチェルの⾔語を⽤いないエネルギッシュなキャンバスは、葉や⽔、⼤気を描き、⾵景との相互の親和性を反映している。本展は両者の代表的な作品約60点を通じて、魅惑的で没⼊感のある旅を楽しめるよう構成されている。モネの作品約36点(マルモッタン・モネ美術館所蔵の主要キャンバス25点を含む)は、合計200×200平⽅メートルもの⼤作を特徴とする《睡蓮》を概観するもので、額縁なしで展⽰されることはほとんどないこれらの絵画は、ジョーン・ミッチェルの24点の絵画と対をなしている。

ジョーン・ミッチェル回顧展

adf-web-magazine-fondation-louis vuitton-3

Joan Mitchell, La Grande Vallée, 1983 Oil on canvas, 260.4 x 200 cm Fondation Louis Vuitton, Paris © The Estate of Joan Mitchell © Primae / Louis Bourjac

「モネ - ミッチェル」展と並⾏して、「ジョーン・ミッチェル回顧展」も開催される。本展は20世紀後半に最も影響⼒のあったアーティストの⼀⼈とされるミッチェルの⽣涯と作品を検証するもので、約1,000平⽅メートルの会場に約50点の作品が展⽰される。ミッチェルは⾃分の記憶やその感情、そして近代の偉⼤な巨匠たち(ゴッホ、セザンヌ、マティス、モネなど)の作品から影響を受け、彼⼥の⽣き⽣きとした⾝振りの作品は19世紀から20世紀にかけてのヨーロッパのアーティストたちとの親和性や、詩への関⼼によって形作られている。


pwa