Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

写真家Elsa Leydierの作品「Heatwaveシリーズ」が『KYOTOGRAPHIE 2020』にて展示

MHD モエ ヘネシー ディアジオの取扱いシャンパーニュメゾン ルイナールは、世界最大の写真フェア″PARIS PHOTO″ で、ルイナールアワード2019を受賞したフランス人写真家 Elsa Leydier(エルサ・レディエ)の作品「Heatwaveシリーズ」を、京都祇園を舞台に開催される『KYOTOGRAPHIE 2020』において2020年9月19日(土)から10月18日(日)まで日本で初めて展示する。

adf-web-magazine-ruinart-kyoto-graphie2020-2

Heatwave Ⓒ Elsa Leydier × Ruinart

本作品は、エルサ レディエが、2019年9月のブドウ収穫時期にシャンパーニュ地方、ランスにあるルイナール社を訪れ、自然とワイン造りをする人々の関係を芸術的な視点で表現したもの。写真は「光」によってのみ作り出され、ブドウは 「光」によって成長する。エルサは共通した特徴である「光」に着目し、従来の表現方法と技術を取り払い、新たな可能性を模索した。シャンパーニュを紫外線から守るために使用される素材を通して、「光」をフィルタリングするレイヨグラム(カメラを使用せずに、印画紙の上に物体を置き光を焼き付ける)という手法を用い、従来の写真表現と「光」を捉えるための実験的な方法を融合した。この手法により、「光」からシャンパーニュを守るために何世紀にも渡って微調整されてきた着色ガラスのボトルを通した白熱色の写真が現れた。

エルサは、この作品を通して人と自然との本質的な関係性を一変させた気候変動の問題に一石を投じ、また、それと同時に不測の気候でも毎年評価の高いワインを醸造することができるルイナール秘伝の製造技術と知識を有する職人たちへの敬意も表すメッセージを作品に込めた。

全12点の作品は、2020年9月19日(土)から10月18日(日)までの『KYOTOGRAPHIE 2020』期間中、ルイナールの展示会場HOSOO GALLERYにて展示される。

adf-web-magazine-ruinart-kyoto-graphie2020-1

Heatwave Ⓒ Elsa Leydier × Ruinart

Elsa Leydier / エルサ・レディエ

1988年フランス生まれ。アルル国立高等写真学校(フランス)卒業。2015年の卒業後にリオ・デ・ジャネイロに拠点を移し、これまでにアルル国際写真祭や数々のギャラリーで作品を発表。現在、リヨンとリオデジャネイロに在住し、特定の場所を写真によって象徴的に表現するスタイルを確立。2018年HSBCの最終候補者に選ばれた他に、ENSPディオール賞のヤングフォトグラファー部門、および2019年メゾン ルイナールアワードを受賞。また、ボゴタ(コロンビア)、サンフランシスコ(アメリカ)、パリとリヨン(フランス)などで個展を開き、勢力的に活動している。今回の「Heatwaveシリーズ」が、日本での初めての作品展示となる。

adf-web-magazine-ruinart-kyoto-graphie2020-4

KYOTOGRAPHIE 2020について

毎年、伝統と文化の街京都祇園を舞台に開催にされている。8回目を迎える2020年のテーマは「VISION」。「VISION」は「VIS=見る」と「ION=こと、もの」が合わさってできた言葉で、それは目に見えるものだけでなく、想像して見るものも意味する。「世界を変えるには、まず自分たちの「VISION」を変えなければならない。個人の「意識」の集合体こそがこの世界なのだから。一人一人が世界の問題を「他人ごと」でなく「自分ごと」として考えることができたとき、世界は必ず変わる。」というメッセージを込めて、多様な視点によって作られたさまざまな「VISION」を集めて展示していく。

メゾン ルイナールとアート

伝統遺産、歴史、卓越性を広めていくコミュニケーションのひとつとして創業以来、芸術を用いているメゾン ルイナール。その歴史は1896年、アール ヌヴォーを代表するアルフォンス ミュシャへメゾンの広告ポスターを依頼したことから始まる。現在では、ルイナールの世界観は上品さ、純粋、輝き、そして時代を超えたメゾンの新しいスタイルで、世界で活躍する現代アーティストたちと共に創造し、多くの才能を毎年支援。年間30を超える世界中のアートフェアにメインスポンサーとして、その年のコラボレーションアーティストと一緒に参加。アートシーンに欠かせないシャンパーニュとして、確固たる地位を築き、世界中のアート愛好家に注目されている。過去には2011年には佐藤オオキ、2014年には陶芸家新里明士など日本人アーティストともコラボレーションをしている。

KYOTOGRAPHIE 2020 Ruinart x Elsa Leydie 概要

タイトルHeatwaveシリーズ
期間2020年9月19日(土)~10月18日(日)
時間10:30 – 18:00
会場HOSOO GALLERY(HOSOO FLAGSHIP STORE 2F)
住所京都府京都市中京区柿本町412
TEL095-221-8888
URL www.hosoo.co.jp

pwa