pOSy_v7elYU

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現代書家・千葉蒼玄作品が美術館LACMAに収蔵

現代書家・千葉蒼玄の大作「3.11鎮魂と復活」が、米国で最大級かつ国際的な名声を博する美術館LACMAへ収蔵され、同館の公式サイトコレクション一覧で公開された。「3.11鎮魂と復活」は、米国ロサンゼルスにて開催されたアートフェア LA Art Showの入口に展示され、来場した7万人を魅了した。会期中にライブパフォーマンスで揮毫した「◯ △ □」も共にLACMAに収蔵されている。adf-web-magazine-chiba-sougen-lacma-1

作品「3.11鎮魂と復活」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災に関する発生後約1ヶ月間の新聞記事を縦3.6メートル、横12.6メートルの紙に書いた大作。当初、東京都美術館の企画展「TOKYO書2013」(2013年開催)展示当時は横9メートルだったが、同美術館の企画展「見る、知る、感じる 現代の書」(2018~2019年開催)展示で両翼に1.8メートルずつ延びた。

adf-web-magazine-chiba-sougen-lacma-3

LA Art Show 展示

作品「◯ △ □」は禅語。LA Art Show 会期中に会場ブースにて、縦3メートル、横2メートルの紙に席上揮毫したもの。

adf-web-magazine-chiba-sougen-lacma-2

「◯ △ □」

自身が熱心な墨美術およびアジア美術のコレクターである、LA Art Showの創始者で前プロデューサーのKim Martindaleの招聘により今回の収蔵が実現した。同氏は、「石巻とロサンゼルスは太平洋を挟んで繋がっている。」と、今回の千葉蒼玄の大作をLACMAのコレクションへ推薦した。

adf-web-magazine-chiba-sougen-lacma-4

LA Art Show 席上揮毫

千葉蒼玄 プロフィール

1955年、宮城県石巻市生まれ。東北工業大学卒業。2000年前半から、国内外で多数の個展やグループ展に出品。LA Art Show 2020での揮毫を始め、数多くの席上揮毫も行っている。


pwa