Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」

アーティゾン美術館は、石橋財団コレクション 特集コーナー展示「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」を2020年11月3日(火・祝)より2021年1月24日(日)まで開催する。アーティゾン美術館では、4階展示室にて「石橋財団コレクション選」と題し、2,800点余りからなる収蔵品の中から作品を選んで紹介しているが、その一角に「特集コーナー展示」を設け、毎回異なるテーマにより収蔵品に新たな光をあてる企画展示を行なっている。

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume-1

青木繁《舞楽面》1900-1903年頃 鉛筆淡彩・紙 19.0×29.2cm

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume-4

坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 油彩・カンヴァス 79.6×99.0cm

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume-6

古賀春江《二階より》1922年 油彩・カンヴァス 61.0×73.5cm

近代洋画コレクションの中心である、青木繁と坂本繁二郎は、アーティゾン美術館の前身、ブリヂストン美術館の創設者・石橋正二郎と同郷の福岡県久留米市出身で、正二郎の本格的な美術品収集のきっかけとなった画家でもある。明治末から大正・昭和初期にかけて、久留米あるいはその近隣の筑後地域から多くの美術家が輩出された背景には、明治期にすでに洋画の指導者がいたこと、そして、その指導を受けた青木、坂本が中央画壇で活躍したことが挙げられる。圧倒的な存在感を放つこのふたりに憧れて上京した一群の画家たちもまた洋画史に確かな足跡を残した。そのなかのひとり、青木、坂本より4 歳下の松田諦晶(まつだていしょう)は後続の画家を見守り、ときに彼らを先達と繋ぐ存在であった。その松田を通して見える創作活動や地縁に光をあて、久留米の豊かな洋画山脈を紹介するために、青木、坂本、古賀を中心に、松田、髙島野十郎、髙田力蔵の作品も交えて鑑賞できる。

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume

坂本繁二郎《幽光》1969年 油彩・カンヴァス 31.7×41.0cm

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume-3

青木繁《わだつみのいろこの宮》1907年 油彩・カンヴァス (重要文化財)180.0×68.3cm

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume-5

坂本繁二郎《能面と鼓の胴》1962年 油彩・カンヴァス 45.5×53.2cm

adf-web-magazine-artizon-artists-from-kurume-2

アーティゾン美術館は、青木が学生時代に描いた25 点ものスケッチを新たに収蔵した。それらは、青木が1900年頃から博物館に通い、展示されていた多数の仮面を写したもの。神話を題材にした《わだつみのいろこの宮》などの制作背景を考えるうえで重要なその「仮面スケッチ」の大半は、1980年以来一般に公開されることがなく、「秘蔵の」スケッチとも呼ばれてきた。本展では、青木の新収蔵作品の中から3点を展示し、坂本の最晩年の《幽光》(絶筆)も初公開する。

展示概要

会期2020年11月03日(火・祝)〜2021年01月24日(日)
会場アーティゾン美術館
住所東京都中央区京橋1-7-2 Google Map
展示室アーティゾン美術館4階 展示室
時間10:00〜18:00
休館日月曜日(11 月23 日、1 月11 日は開館)、11 月13 日、11 月24 日、年末年始(12 月28日―1 月4 日)、1 月12 日
備考日時指定予約制

pwa