Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

4名のアーティストがアート熊手を製作するOIL by 美術手帖と熊手商清水屋のコラボレーション企画展「渋谷のアートの酉の市」

OIL by 美術手帖ギャラリーにて、熊手商の老舗・清水屋とのコラボレーション企画展「渋谷のアートの酉の市」を2021年10月22日(金)から10月31日(日)まで開催する。本展では大正14年に創業した清水屋監修のもと、田名網敬一天野タケル愛☆まどんなKINJOの4名のアーティストがデザインし、独自の方法で制作したアート熊手を展示する。ご利益を願うお祭り「酉の市」のように、にぎやかな会場が渋谷PARCOに出現する。

adf-web-magazine-oil-gallery-bijutsutecho-shibuya-art-torinoichi-1.jpg

KINJO 大型熊手

アート熊手概要

様々な分野で活躍するアーティストと、清水屋のコラボレーションによるアート熊手。天野タケル、愛☆まどんな、KINJOがデザインしたエディションアイテム<4寸サイズ熊手><置き型升形熊手>と、田名網敬一、天野タケル、愛☆まどんな×BIRDMAN、KINJOによる完全オリジナルの<大型熊手>を発表する。

アーティストプロフィール

  • 田名網敬一/Keiichi Tanaami:武蔵野美術大学を卒業。1991年より京都造形芸術大学教授を務める。1960年代よりグラフィックデザイナーとして、映像作家として、そしてアーティストとして、その境界を積極的に横断して創作活動を続け、世界中のアーティストたちに大きな影響を与えている。またMoMA、Walker Art Center、The Art Institute of Chicago、M+ Museum for Visual Culture (香港)、National Portrait Gallery(アメリカ)、Nationalgalerie im Hamburger Bahnhof (ドイツ)といった世界中の著名美術館が、近年新たに田名網作品の収蔵をしている。
  • 天野タケル/Takeru Amano:白と黒、男と女。力強くも繊細なそのライン。相反するものの混在。東京、パリを拠点に主にヨーロッパとアジアにてフェア、展示などを行なっており、古きを踏まえ新しきを模索するそのアーティスト然とした姿にあらゆる分野から注目が集まっている。
  • 愛☆まどんな/Ai☆madonna:都立芸術高校美術科デザインコース卒業後、美學校を経て、ミヅマアートギャラリーにて初個展を踏む。2007年より「愛☆まどんな」と名乗り秋葉原の路上を中心にライブペインティングを始動。現在はアクリル絵画を中心に制作。国内外問わず展覧会やイベントにて活動中。
  • KINJO:近年の主な個展に2020年「UNDER THE BRIDGE」(PARCEL、東京)、2021年「ARAKAWA GARDENER」(OIL by 美術手帖)、「PEDDLER」(marco.co.ltd、大阪)、「OVER THE BRIDGE」(田奈藝術、台湾)など。
  • BIRDMAN/Hsueh chi-ling:台湾出身。2015年から東京を拠点に活動をスタート。近年の主な展覧会・イベントに17年「TURNフェス」(東京都美術館)、18年グループ展「BONDLESS ∞」、20年愛☆まどんなとの二人展「a tangled mass」(ともにBLOCK HOUSE、東京)ほか。本展では、愛☆まどんなとのコラボレーションによる大型熊手を発表。
adf-web-magazine-oil-gallery-bijutsutecho-shibuya-art-torinoichi-2.jpg

OIL by 美術手帖(ギャラリー)

清水屋×OIL by 美術手帖 presents「渋谷のアートの酉の市」展詳細

会期2021年10月22日(金)から31日(日) ※会期中無休
会場OIL by 美術手帖(東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ2階)
開場時間11:00〜20:00
参加アーティスト田名網敬一、天野タケル、愛☆まどんな、KINJO
入場無料
問合せ先oil_gallery@bijutsu1905.co.jp
販売についてオンラインおよび店頭販売の作品情報、また展示作品の抽選販売などの詳細は特設ページにて

sdgs