Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

マイアミ・ビーチのラグジュアリーホテル「ザ・ラレー」が再生

ニューヨーク拠点の不動産開発投資会社SHVOと、ラグジュアリーなホスピタリティーブランドであるローズウッド・ホテルズ&リゾーツがマイアミビーチを代表するホテル「ザ・ラレー(The Raleigh)」の再生を発表。コリンズ街1775番地というマイアミの活気溢れるアール・デコ地区の中心部にあり67mにわたるエリアが海に面する12,140㎡のリゾートは、有名建築家ピーター・マリノ(Peter Marino)がデザインした各々異なる3つの構成要素が特徴。

adf-web-magazine-raleigh-peter-marino-4_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

The Raleigh, A Rosewood Hotel and Residences Credit DBOX for SHVO

adf-web-magazine-raleigh-peter-marino_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

Rosewood Residences Miami Beach and Beach Club Credit DBOX for SHVO

マイアミの建築家ローレンス・マーレー・ディクソン(Lawrence Murray Dixon)により、1940年代に建築されたザ・ラレーは、ローズウッドの「センス・オブ・プレイス®」哲学に則り、隣接する歴史ある2軒のホテル、リッチモンドホテル(Richmond Hotel)およびサウス・シーズホテル(South Seas Hotel)のそれぞれが持つ、歴史的に重要なアールデコ様式の壁面が再生される。

adf-web-magazine-raleigh-peter-marino-1_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

Rosewood Residences Miami Beach Historic Pool Access Credit DBOX for SHVO

adf-web-magazine-raleigh-peter-marino-2_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

The Raleigh Historic Pool Credit DBOX for SHVO

「ザ・ラレー」の特徴

  • ラグジュアリーサービスと施設を備えた優雅に近代化されたローズウッド運営による客室とスイート60室
  • 44戸のレジデンスとPeter Marinoが手がけた時を超越した建築を特徴にする、17階建ての海に面する新築タワー「ローズウッド・レジデンス・マイアミビーチ」
  • ビーチに面しての食事とレジャーを提案するプライベート会員制クラブ

ピーター・マリノ / Peter Marinoについて

ピーター・マリノ(1949年生まれ)は、アメリカの建築家であり、アメリカ建築家協会のフェロー。コーネル大学で建築学の学位を取得し、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(Skidmore Owings & Merrill)、 ジョージ・ネルソン、I.M.ペイ/コスタ&ポンテ(George Nelson and I.M. Pei/Cossutta & Ponte)でキャリアをスタート。1978年に設立した建築設計事務所Peter Marino Architect PLLCの代表を務める。ニューヨークを拠点に160名の従業員を擁し、フィラデルフィアとサウサンプトンにもオフィスを構える。幅広いプロジェクトと規模でグローバルに活動しているマリノは、モダンラグジュアリーを再構築したことで有名。


pwa