Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

新紙幣発行記念イベントの一環で

十和田市地域交流センター「とわふる」で「街なかアートマルシェ」が、2024年7月7日(日)に開催される。本マルシェは2020年から観光地域づくりを目指して開催されているが、今年は十和田市にゆかりのある偉人が肖像に選ばれた新紙幣の発行を祝う記念イベント「とわだ円(まる)っとフェス」の一環としての開催となる。会場となる十和田市地域交流センター「とわふる」は「アートのまちのリビング」をコンセプトに建築家・藤本壮介がデザイン、2022年に完成した多用途施設。

adf-web-magazine-towada-art-fes-1

会場外観  ©︎十和田市/撮影:小山田邦哉

開口が街の風景を切り取る、高さ12.5mの白い壁で囲われた中庭は、空が屋根になっているような、印象的で不思議なスペースとなっている。環状列石と惑星の軌道を主題とした光のドローイングの壁画はアーティスト・鈴木ヒラクが手がけた。マルシェでは地元の渡部環境設計事務所(現:株式会社WAA)が十和田市の景観に合うようにデザインしたテントブースが並ぶ。テントは青森県産材の杉の骨組みで、カーブを描くベージュとダークグリーンの柔らかいテント生地でできている。当日は地元の飲食店が出店し、地元グルメが楽しめる空間となる。

adf-web-magazine-towada-art-fes-2

十和田市地域交流センター「とわふる」の中庭      ©︎十和田市/撮影:小山田邦哉

adf-web-magazine-towada-art-fes-3

使用されるテントブース  ©︎十和田奥入瀬観光機構

「街なかアートマルシェ」開催概要

日時2024年7月7日(日)10:00~15:00
会場十和田市地域交流センター「とわふる」中庭
URLhttps://tinyurl.com/muk7nvr7