Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

コクヨは、日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理が手掛けたテープカッターの復刻版「ROTARY TAPE DISPENSER(ロータリーテープディスペンサー)」を、2020年2月25日からライフスタイルショップTHINK OF THINGS、柳ショップ及び全国のインテリアショップやセレクトショップ等で発売する。「ROTARY TAPE DISPENSER」は、柳宗理氏によって1960年代にデザインされたテープカッターを柳工業デザイン研究会の監修のもと、コクヨが再現した復刻版。彫刻的造形とベース部分のコントラストが存在感のあるデザインは、オリジナルを3Dスキャンし、忠実にデザインを再現。

今回、新たにコクヨの技術を付加することでさらに使いやすくなっている。刃の部分にはコクヨ独自の「カルカット刃」を採用しており、切れ味が軽い。本体が360度回転するロータリー式機能は、オリジナルの設計を見直しよりスムーズに回転できるようになっている。

adfwebmagazine-柳宗理-ROTARY-TAPE-DISPENSER-1

「ROTARY TAPE DISPENSER」

adfwebmagazine-柳宗理-ROTARY-TAPE-DISPENSER-2

オリジナル

adfwebmagazine-柳宗理-ROTARY-TAPE-DISPENSER-3

復刻版

adfwebmagazine-柳宗理-ROTARY-TAPE-DISPENSER-4

カルカット刃

柳宗理氏とYANAGI DESIGN OFFICE

柳宗理(1915-2011)は日本を代表する工業デザイナー。MoMAの永久所蔵に認定されているバタフライスツールなどの家具類をはじめ、キッチンウェア、テーブルウエア、東京オリンピック聖火トーチホルダー、関越自動車道関越トンネル抗口、歩道橋など広範囲なデザインを手掛け、その作品は日本だけでなく世界中の人々に愛用されている。YANAGI DESIGN OFFICE 「柳工業デザイン研究会」は、1953年に柳宗理氏によって設立。現在も柳宗理の理念のもと、新しいデザインのほか復刻の監修やデザイン啓蒙・教育活動も行っている。