Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

『Casa BRUTUS特別編集 時代を超えて愛される、 デザインの良い車』2022年6月2日発売

マガジンハウス発行のライフスタイルマガジン『Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)』より、ムック『時代を超えて愛される、デザインの良い車』が2022年6月2日(木)に発売された。『Casa BRUTUS』編集部が厳選した70台の車と、カーデザインの巨匠、 ジョルジェット・ジウジアーロのインタビューが収録されている。

adf-web-magazine-casa-brutus-vehicle-design-1

表紙のクルマは《フォルクスワーゲン・ゴルフ2》。ヤングタイマー人気の火付け役になった、今日の機能とクラシカルなスタイルを併せ持ったモデル。photo_Futoshi Osako (C)マガジンハウス

本誌は、『Casa BRUTUS』本誌の人気連載「時代を超えて愛される、デザインの良い車」の記事を再編集し、新規の取材コンテンツを追加した一冊。1960年代から2000年代までに発表された世界各国の自動車の中から、『Casa BRUTUS』編集部が独自の視点で選んだ、佇まいの良い車を70台集め、撮影。紹介した車が買える専門店や、登場する主要ブランドを、当時の貴重なカタログを交えて紹介する。

adf-web-magazine-casa-brutus-vehicle-design-3

悪路走破性の高いワンボックスカー《三菱・デリカスターワゴン4WD》photo_Futoshi Osako (C)マガジンハウス

adf-web-magazine-casa-brutus-vehicle-design-5

2ドアのパーソナル感が好ましい、美しいサルーン《BMW・3シリーズ(E21)》photo_Futoshi Osako (C)マガジンハウス

さらに、カーデザイン界の生きる伝説、ジョルジェット・ジウジアーロの自宅アトリエで実現した奇跡のインタビューも収録。「自動車のデザインがユニークであるためには、どうしたらいいのでしょう」「ジウジアーロさんは、今、どんな車種を運転されているのですか」などの質問に、マエストロがユニークな回答をする。

adf-web-magazine-casa-brutus-vehicle-design-4

巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロが日本で手がけた名車の一つ《いすゞ・ピアッツァ》photo_Futoshi Osako (C)マガジンハウス

adf-web-magazine-casa-brutus-vehicle-design-2

映画『ドライブ・マイ・カー』でも話題になった、空力デザインが美しい《サーブ・900 》photo_Futoshi Osako (C)マガジンハウス

ランドスケープのような客観性と、ポートレートのような親密さで70台の自動車を撮影したのは、本誌などライフスタイル誌で活躍する写真家の尾嶝 太。正確な時代考証を前提に、現代の車選びの視点を交えて原稿を執筆したのは、モータージャーナリストの遠藤 イヅルと小川 フミオの両氏。主にインテリアや建築などをテーマとした特集を組むことの多い、『Casa BRUTUS』ならではの視点で構成された、保存版の一冊となっている。

『Casa BRUTUS 特別編集 時代を超えて愛される、デザインの良い車。』書籍概要

発売日2022年6月2日(木)
定価1,870円
出版社マガジンハウス
販売全国の書店、ネット書店で販売
商品詳細https://casabrutus.com/posts/304867

pwa