Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

『現代日本のブックデザイン史 1996-2020』が発売。「出版不況」の時代のブックデザインをカバーデザインから読み解く

2021年8月18日(水)、誠文堂新光社より『現代日本のブックデザイン史 1996-2020』が発売される。1996年から2020年のおよそ25年間に生み出されたブックデザインをカバーデザインのスタイル別に紹介した一冊となっている。adf-web-magazine-modern-japan-book-design-1

国内の書籍売上がピークに達した1996年から現在に至る「出版不況」の時代。本書では、そのブックデザインの変遷をカバーデザインから読み解く。また、パッケージとしての訴求力が優先される商業出版界で、そのブックデザインがいかにして更新されてきたかを、長田 年伸、川名 潤、水戸部 功、3人の現役ブックデザイナーが約400点の書籍を選定し解説する。デザイン誌『アイデア』の特集をベースに、時代を作り上げてきたブックデザイナーたちによるスペシャルトーク等を収録した本書。書籍化にあたり、誌面では取り扱わなかった2020年の新刊からの選書を各章に追加した。日本の商業出版とブックデザインの過去・現在・未来をより多層的な視点から考察した一冊となっている。adf-web-magazine-modern-japan-book-design-5

特別収録 ブックデザイントーク

菊地 信義、鈴木 成一、佐藤 亜沙美、名久井 直子、祖父江 慎

目次抜粋

  • ブックデザイン史から出版史を描くこと
  • 第1章 紙上のポリフォニー
  • 第2章 タイトル・ブリコラージュ
  • 第3章 言葉/図形・象形の境域
  • 第4章 ブックデザイン・オールドスクール
  • 第5章 イメージの闘技場
  • ブックデザイントーク篇

adf-web-magazine-modern-japan-book-design-4

著者プロフィール

長田 年伸(ながた・としのぶ)

1980年東京都生まれ。デザイナー/編集者。中央大学で中沢新一の薫陶を受け、春風社編集部を経て、朗文堂新宿私塾でタイポグラフィを学ぶ。日下潤一のアシスタントを務め2011年に独立。

川名 潤(かわな・じゅん)

1976年千葉県生まれ。デザイナー。プリグラフィックスを経て2017年川名潤装丁事務所設立。多数の書籍装丁、雑誌のエディトリアル・デザインを手がける。

水戸部 功(みとべ・いさお)

1979年生まれ。デザイナー。2002年多摩美術大学卒業。大学在学中より装丁の仕事を始め、現在に至る。2011年、第42回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

adf-web-magazine-modern-japan-book-design-2

『現代日本のブックデザイン史 1996-2020』概要

編者長田 年伸、川名 潤、水戸部 功
仕様B5判、254頁
定価3,300円(税込)
発売日2021年8月18日(水)
ISBN978-4-416-52130-4
購入https://bit.ly/37fRypw

pwa