Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

アートを事業化するということ

寺⽥倉庫が参画するTOKYO CANAL LINKS実行委員会は、2020年1月30日(木)に天王洲のイベントスペースTERRATORIAでアマナとの共同企画として、『「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2020~ART FOR THE PEOPLE~#03』を開催する。

tokyo-canal-links-2020-art for-the-people-#03

今回の開催で第3回目となるテーマは"アートの事業化"。渋谷を拠点として30年前から続く大型複合文化施設Bunkamuraには年間約300万人が訪れ、音楽・演劇・映画・アートと多彩なジャンルの文化発信を行なっている。この活動のなかで、美術館では入場料や物販などの事業収入での運営、ギャラリーでは作品の展覧販売などを行うなど、Bunkamuraオープン当初からパフォーミングアーツなどを含むアート全般における事業化を図ってきた。また、青山の複合文化施設スパイラルでは、「生活とアートの融合」をコンセプトに、現代アートやデザインの展覧会をはじめ、フロア全体にカフェ、レストラン・バー、生活雑貨ショップを展開し、ジャンルを横断するようなアートイベントを開催している。天王洲に数多くのイベントスペースを抱える寺田倉庫では、アートを軸とした展覧会やアワードを仕掛けるなど、アートにまつわるビジネスは様々な形で動いている。

今回は、寺田倉庫代表取締役社長CEOの寺田航平、東急文化村代表取締役社長の中野哲夫、ワコールアートセンター代表取締役社長兼スパイラル館長の小林裕幸が登壇し、実際にアートの事業化に取り組む3社から、それぞれ異なるビジネスへのアプローチを探る。

TOKYO CANAL LINKS 2020 ~ART FOR THE PEOPLE~について

2017年から展開するTOKYO CANAL LINKSは、“東京”の歴史や文化をつなげ、国際的な“TOKYO“への架け橋となることを目指すアートプロジェクトとして立ち上げられた。羽田空港からの湾岸エリアの既存施設をアートによって再活用し、文化資源を観光資源に転換する取り組みを行なっている。「TOKYO CANAL LINKS 2020 ~ART FOR THE PEOPLE~」は寺田倉庫とアマナの次世代型リアルイベントメディア「H」の共同企画として、「アートとビジネス」をテーマに、ビジネスにおけるアート思考の必要性を考えるプログラムを4回にわたって開催する。アートとビジネスには、「コレクションとして買う」や「企業メセナとして取り組む」といったものから、「企業ブランディングへの活用」、「アートシンキングを通じたチームビルディング」などが多角的に関係している。本プログラムでは、様々な企業の事例を紹介することを通じて、社会で活きるワードを見つける機会になることを目指す。

「ビジネス×アート」の最前線を解剖する

イベント名「ビジネス×アート」の最前線を解剖する
TOKYO CANAL LINKS 2020 ~ART FOR THE PEOPLE~ #03
第3回「アートを事業化するということ」
スピーカー中野哲夫(株式会社東急文化村/代表取締役社長)
小林裕幸(株式会社ワコールアートセンター/代表取締役社長兼スパイラル館長)
寺田航平(寺田倉庫株式会社/代表取締役社長CEO)
日時2020年1月30日(木)19:00~20:30
会場TERRATORIA(寺田倉庫G号2階/東京都品川区東品川 2-6-10)
料金[一 般] 2,500円
申込URL:https://h-media.jp/event/20200130/
[品川区民/品川区の企業在籍の方] 1,500円
申込URL:https://tcl2019-03.peatix.com/
主催TOKYO CANAL LINKS実行委員会
助成しながわ文化プログラム推進事業/公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

pwa