Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

チームラボのパブリックアートがニューヨークのグランド・セントラル駅横に常設展示

アート集団チームラボのパブリックアート《Continuous Life and Death at the Now of Eternity II, Grand Central Terminal》が、この度マンハッタンの中心グランド・セントラル駅直結の新・高層ビル「ワン・バンダービルト」の壁面に公開された。誕生と死滅を永遠に繰り返し続ける花々が描かれた本作品は、マンハッタンの日の出とともに明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。また、1年を通して咲いていく花々が移り変わり、常設展ならではの世界を楽しめる。あらかじめ記録された映像を再生しているのではなく、現実の時間の流れの中で、花々が生まれ、咲き、やがては散り、枯れて死んでいく様子をリアルタイムに描いている。adf-web-magazine-etamlab-ny-grandcentral-st-1

現実の時間の流れの中で、花々は生まれ、咲き、やがては散り、枯れて死んでいく。花は誕生と死滅を永遠に繰り返し続けていく。

作品の置かれた場所の日の出とともに作品世界も明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。そして、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていく。

作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は2度と見ることができない。

adf-web-magazine-etamlab-ny-grandcentral-st-2

本作品が展示される「ワン・バンダービルト」は、マンハッタンのミッドタウンに新たにオープンした、高さ約427メートル、延床面積約15万8000平方メートルの超高層ビル。グランド・セントラル駅の玄関口としての役割も果たす、ミッドタウンで最も高いオフィスビル。開発はSLグリーン・リアリティーが手掛け、革新的な設備、オフィスデザイン、テクノロジー、サステナビリティを提供。adf-web-magazine-etamlab-ny-grandcentral-st-4

Continuous Life and Death at the Now of Eternity II, Grand Central Terminal

会期2020年9月14日(月)~常設
場所One Vanderbilt
住所1 Vanderbilt Ave, New York, NY
特設ウェブサイトhttps://bit.ly/2GosHpw
会場ウェブサイトonevanderbilt

pwa