Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

1950年代から66年頃までの池田の作品とともに、影響を受けた作家の作品を紹介

長野県立美術館にて「とびたつとき-池田満寿夫とデモクラートの作家」展が2023年9月9日(土)から2024年1月5 日(日)まで開催する。池田満寿夫が1997年に亡くなって四半世紀が経ち、彼の版画作品がどれほどまでに世界で評価され、また彼が芸術家としての道をいかに情熱的に歩んだか、今日あらためて問いかけることには大きな意味があると思われる。本展では1950年代から1966年頃までの池田満寿夫の作品とともに、池田が影響を受け、また交遊のあった作家の作品を紹介し、当時世界を席巻した日本の版画を振り返る。

adf-web-magazine-when-it-first-appears-2

池田満寿夫《タエコの朝食》1963年、長野県立美術館蔵

池田満寿夫は、1934年に旧満州国・奉天で生まれ、終戦の年に父母と共に長野に引き揚げる。長野県長野北高等学校を卒業後、画家を志して上京し、東京藝術大学を3回受験するも失敗に終わる。そうした頃、1955年に靉嘔(あいおう)と出会い、彼を通じて、デモクラート美術家協会を創設した瑛九(えいきゅう)や美術評論家の久保貞次郎を知ることになる。デモクラートの作家たちは多くの人に見てもらえる版画の制作に力を入れ、瑛九のすすめを受けた池田も若手のひとりとして、その活動に参加。そして泉茂や吉原英雄、加藤正らとの交流を深め、自身も久保の後援により銅版画の制作に打ち込んでいった。戦後、国力を回復してきた日本は、初の国際現代美術展として1957年に第1回東京国際版画ビエンナーレ展を開催。池田のほかデモクラートの多くの作家たちが同展に出品、入選し、彼らの飛躍のきっかけとなった一方、瑛九は同年にデモクラートの解散を決める。以降も若い作家たちは版画の可能性を拡張する旺盛な活動を見せ、なかでも池田は1966年のヴェネチア・ビエンナーレで版画部門国際大賞を受賞するなど、国際的な評価を受けて脚光を浴びていった。

展示構成

  • Ⅰ デモクラートとの出会い:1950 ~ 1956(展示室1)
  • Ⅱ 起点としての瑛九:1950 ~ 1957(展示室1)
  • Ⅲ 夜明けまえ:1957(展示室2)
  • Ⅳ それぞれのとびたつとき:1958 ~ 1966(展示室2)
  • Ⅴ 池田満寿夫 とびたつとき:1958 ~ 1966(展示室3)

出品作家

  • 池田満寿夫(1934 ~ 1997)
  • 靉嘔(1931 ~)
  • 泉茂(1922 ~ 1995)
  • 磯辺行久(1935~)
  • 瑛九(1911 ~ 1960)
  • 加藤正(1926 ~ 2016)
  • 利根山光人(1921 ~ 1994)
  • 舩井裕(1932 ~ 2010)
  • 吉原英雄(1931 ~ 2007)

見どころ

貴重な初期の油彩画から、受賞を重ね世界へと進出した1960年代の版画まで、池田満寿夫の作品を当時の資料と共に展示する。

adf-web-magazine-when-it-first-appears-4

池田満寿夫《退屈な時間》1955年、広島市現代美術館蔵

adf-web-magazine-when-it-first-appears-6

池田満寿夫《愛の瞬間》1966年、長野県立美術館蔵

靉嘔や瑛九に加え、泉茂や吉原英雄といった、長野県内ではあまり展示される機会がなかった関西デモクラートの作家たちを紹介。

adf-web-magazine-when-it-first-appears-5

泉茂《闘鶏》1957年、和歌山県立近代美術館蔵

adf-web-magazine-when-it-first-appears-1

靉嘔《田園》1956年、和歌山県立近代美術館蔵

adf-web-magazine-when-it-first-appears-3

瑛九《旅人》1957年、和歌山県立近代美術館蔵

「とびたつときー池田満寿夫とデモクラートの作家」開催概要

会期2023年9月9日(土)から2024年1月5 日(日)まで
会場長野県立美術館 展示室1・2・3
時間9:00 ~ 17:00