Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

発表のたびに話題を集める現代アートチーム 目[mé]の現在地に迫る

美術出版社『美術手帖』2024年1月号を2023年12月7日(木)に発売する。本号では 今秋「さいたま国際芸術祭2023」のディレクターを務めた現代アートチーム 目[mé]の現在地に迫る特集を掲載する。

adf-web-magazine-me-bijutsu-techo-1

『美術手帖』2024年1月号

特集「目 [mé]」:「ただの世界」をつくる

adf-web-magazine-me-bijutsu-techo-7

今秋、「さいたま国際芸術祭2023」のディレクターを務めた現代アートチーム 目 [mé]。アーティストの荒神明香、ディレクターの南川憲二、インストーラーの増井宏文の3人を中心メンバーとする彼らは2012年に結成、2014年の資生堂ギャラリーをホテルに仕立てたような展示が話題となり、同時に各地の芸術祭での発表が続いた。2019年、千葉市美術館で開催された「非常にはっきりとわからない」では、2つのフロアにまったく同じ光景をつくり、大きな注目を集めることに。コロナ禍の2021年には、東京オリンピック・パラリンピックの開かれる東京で、実在するひとりの顔を空に浮かべる《まさゆめ》を実現。多くの人が目撃し、メディアでも大きく取り上げられた。本特集は、そんな目 [mé]がいま何を考えていて、次の10年に向けてどんなステージに向かおうとしているのか、「さいたま国際芸術祭2023」をきっかけにして探っていく。

adf-web-magazine-me-bijutsu-techo-8

adf-web-magazine-me-bijutsu-techo-3

adf-web-magazine-me-bijutsu-techo-4

目 [mé]の活動や「さいたま国際芸術祭2023」について、美学者 伊藤亜紗との対談や「SCAPER」の秘密に迫る座談会、論考などで迫っているほか、チームクリエイションを重視する目 [mé]の制作面について、これまで機会の少なかった増井へのインタビュー、チームのメンバーへの取材も実施した。目 [mé]の結成までを描いた「伝記マンガ」も見どころのひとつ。

adf-web-magazine-me-bijutsu-techo-6

また、東京オペラシティ アートギャラリーで個展を開催中の沖縄の写真家 石川真生のロングインタビュー、障害のある当事者たちが作品を見て、批評するための対話の蓄積、そのための環境づくりについて考える木下知威の論考を掲載している。

『美術手帖』2024年1月号 書籍概要

発売日 2023年12月7日(木)
定価1800円+税
発行カルチュア・コンビニエンス・クラブ
発売美術出版社
URLhttps://bijutsu.press/books/5320/

pwa