Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

国内外の文化・芸術分野の専門家を中心とした4名が審査員に決定

ヘラルボニーが障害のある作家を対象とした国際アートアワード「HERALBONY Art Prize 2024(ヘラルボニー・アート・プライズ)」を新たに創設した。初開催となる今回は、金沢21世紀美術館チーフ・キュレーターの黒澤浩美をはじめ、東京藝術大学長の日比野克彦、LVMHメティエダールジャパンディレクターの盛岡笑奈、海外からはフランス・パリのギャラリー“Galerie Christian Berst”の創設者、Christian Berst(クリスチャン・バースト)を審査員に迎え、国内外の文化・芸術分野の専門家の視点から異彩を放つ作家を新たに見出すことを目指している。応募期間は2024年1月31日(水)10:00から3月15日(金)23:59まで、特設サイトからエントリーできる。4月中旬に一次審査(画像審査)で通過作品を選出、二次審査(現物審査)でグランプリと企業賞を決定。8月上旬には受賞者およびファイナリストの作品が一堂に集結する展覧会や授賞式等の関連イベントの開催を予定している。

adf-web-magazine-heralbony-art-prize-2024-1

ヘラルボニーは1月31日を「異彩(イサイ)の日」として、異彩が当たり前に存在する世界に向けたアクションを行っている。本アワードを通じて、障害者ではなくひとりの作家としてその才能が評価され、さらなる活躍の道を切り開いていけるようにとの思いを込めて、1月31日「異彩(イサイ)の日」にアワードへの公募を開始した。

応募要項

応募対象者
  1. 国内外で活躍を志望する、障害(※)のある作家。
    ※障害者手帳をお持ちの方
    ※一次審査通過者は本人確認書類としてコピーを提出
  2. 作家本人または所属団体等(※)による応募申し込みが可能。
    ※以下のいずれかに該当する方
    ①作家本人 ②親権者(作家が未成年の場合) ③親族・保護者 ④後見人 ⑤作家が所属する福祉施設その他団体
  3. 国籍・年齢・性別及びプロフェッショナル・アマチュアを問わず。
応募方法

公式ウェブサイト上の専用応募フォームより応募(英語サイトあり)。

応募期間

2024年1月31日(水)10:00〜3月15日(金)23:59まで(JST)

審査基準
  • 独自の視点を持ち、新たな芸術創造性があるか
  • 社会に新たな視点や変化を投げかけるような独創性があるか
  • 多様性を体現する、自由な発想があるか

受賞者及びファイナリストの作品は8月上旬より開催される展覧会で展示される。

  • グランプリ (1名):賞金300万円
  • 企業賞(協賛企業より複数賞、各1名)
    ※企業賞は、本プライズの協賛企業から複数社が選出。受賞作品は、その企業のサービス・プロダクト・事業のいずれかに採用される可能性がある。詳細は2月以降、特設ウェブサイトに掲載予定。
    ※受賞作家は、後日主催者よりライセンス契約等の相談の可能性がある。
審査員

adf-web-magazine-heralbony-art-prize-2024-2

展覧会概要

会期2024年8月10日(土)〜9月22日(日)
会場三井住友銀行東館1Fアース・ガーデン
主催ヘラルボニー