yeoYjkBsn3U

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

DIOR LADY ART #4

1995年の発売以来、ディオールのアイコンであり続け、時には大胆を極めた再解釈によりモードを超えたひとつの歴史を物語るバッグ、「レディディオール(Lady Dior)」。世界中の現代アーティスト11人がその「レディディオール」を類のないアートピースへと再解釈するプロジェクト「ディオールレディアート」第4弾では、日本からは名和晃平が参加しているほか、メキシコ、ポルトガル、米国など世界各地のアーティストたちはそれぞれ独自のやりかたで、建築的なシルエットやシグネチャーをを自身の世界やインスピレーションと融合させ、「レディディオール」を見事なピースへと仕上げた。

adf-web-magazine-dior-lady-art-main

KOHEI NAWA

adf-web-magazine-dior-lady-art-1

MICKALENE THOMAS

adf-web-magazine-dior-lady-art-3

MARGUERITE HUMEAU

adf-web-magazine-dior-lady-art-2

JIA LEE

参加アーティストは、ジョアナ・ヴァスコンセロス、リナ・バナルジー、王光乐、マルグリット・ユモー、ジア・リー、マリア・ネポムセーノ、ミッカリン・トーマス、名和晃平、エドゥアルド・テラザス、ラキブ・ショー、アティ・パトラ・ルガの11人。また、アーティスト本人が制作の裏側について語る映像も作られた。「ディオール レディ アート」第4弾のバッグは、日本ではハウスオブディオールギンザにて2019年12月17日(火)より発売されている。


pwa