Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「日本空間デザイン賞 2022」応募受付開始

空間デザインの価値を未来へ繋ぐために設立された日本最大級のデザインアワード「日本空間デザイン賞」が2022年4月1日(金)より、2022年度の応募受付を開始する。受付締め切りは2022年5月16日(月)となっている。adf-web-magazine-kukan-design-award-2022-submission-3

社会の多面的な問題をデザインのちからによって解決に導き、希望あふれる未来を切り拓くことを使命に、JCDとDSAの共催により2019年より実施されている「日本空間デザイン賞」は、国内外の優秀なデザイナーや、卓越したデザイン作品を発掘し、評価することで、素晴らしいデザインを日本から世界に発信し、「空間デザインのちから」を多くの人々に伝えている。

賞の種類は、二次審査にノミネートされた「Longlist」、三次審査にノミネートされた「Shortlist」、11カテゴリーからそれぞれ選定された「金・銀・銅賞」、金賞作品から最終審査にて選出されたグランプリに値する「KUKAN OF THE YEAR 2022/日本経済新聞社賞」のほか、サステナビリティ(持続可能性)への考慮が特筆すべきプロジェクトに「サステナブル空間賞」を開設。

adf-web-magazine-kukan-design-award-2022-submission-4

日本空間デザイン賞2022ロゴマーク(ロゴマークデザイナー:北川一成 / GRAPH)

さらに、昨年に引き続き日本空間デザイン賞はドイツのiF International Forum Design GmbHが運営するiF Design Awardとパートナーシップ契約を今年も締結する予定。日本空間デザイン賞2022応募者のうちShortlist受賞者は、特典としてiF Design Award 2023応募登録費用とiF Design Award のプレセレクションが免除され、ファイナリストとしてiF Design Awardの最終審査に参加することができる。

日本空間デザイン賞 2022 応募について

作品の応募は全て応募専用サイトより行う。

  • 応募期間:2022年4月1日(金)10:00〜5月16日(月)23:00(日本時間)
  • 応募対象作品:展示系、商業系、オフィス、住宅など全11カテゴリー

※その他、審査や応募費用などの詳細については、募集要項ウエブページに掲載の予定

日本空間デザイン賞2022 最終3次審査員

  • 野老 朝雄 / 美術家
  • 山本 尚美 / 株式会社資生堂 チーフクリエイティブオフィサー、資生堂クリエイティブ株式会社 代表取締役社長
  • 渡邊 康太郎  / Takram コンテクストデザイナー、慶應義塾大学SFC特別招聘教授
  • 官浪 辰夫  / デザインコンサルタント
  • 湯澤 幸子  / インテリアアーキテクト、多摩美術大学教授
  • 上條 昌宏  / 「AXIS」編集長
  • 遠山 正道 / 株式会社スマイルズ代表取締役社長
  • Astrid Klein  / クライン ダイサム アーキテクツ、建築家
  • 森井 良幸  / 株式会社カフェ代表、インテリアデザイナー
  • 橋本 夕紀夫  / 橋本夕紀夫デザインスタジオ代表、インテリアデザイナー
  • 東 利恵 / 東 環境・建築研究所代表取締役、建築家

2021年度 KUKAN OF THE YEAR

未来コンビニ

受賞者: コクヨ株式会社 佐藤 航

adf-web-magazine-kukan-design-award-2022-submission-1

「未来コンビニ」写真クレジット: ナカサアンドパートナーズ 山本 慶太

神水公衆浴場

受賞者: 事業主・構造設計 黒岩構造設計事ム所 黒岩裕樹・黒岩ヒロ子、全体統括・建築設計監理 株式会社ワークヴィジョンズ 西村 浩、建築設計監理協力 竹味佑人建築設計室 竹味佑人

adf-web-magazine-kukan-design-award-2022-submission-2

「神水公衆浴場」写真クレジット: 小川 重雄


pwa