Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

独自開発のライブ配信プラットフォームで体験する文化創生DX

アートリーはアパレルブランドVEDUTAと共に、1200年以上の歴史を持ちユネスコ世界文化遺産にも登録される天台宗の総本山・比叡山延暦寺協力のもと、文化創生をテーマとするオンラインイベント「伝燈LIVE」を2022年10月10日に開催することを決定した。阿弥陀堂で開催するライブコマース × オンラインファッションショーをはじめ、伝統工芸品のライブコマース、比叡山延暦寺を巡るライブツアー、ウクライナ支援に繋がる平和の鐘LIVEなど、アートリーのライブ配信プラットフォームを用いて新しいインタラクティブなユーザー体験の提供に挑戦する。

adf-web-magazine-online-fashon-show-in-hieizan-1

比叡山延暦寺を舞台とするオンラインイベントとプラットフォームのキービジュアル

デジタル社会に即した伝燈のプロジェクト「次世代へと文化の燈(あかり)を照らす」

1200年に渡って日本の文化・思想・歴史に影響を与えてきた天台宗と日本仏教の母山『比叡山延暦寺』。日本文化の水脈ともいえる天台の地を象徴に、デジタル社会における文化伝燈を担うプロジェクトの創建に挑戦する。文化創生と相伝をミッションとする本取り組みは、伝統とIT、現代カルチャーが融合するコンテンツの発信を通じて日本人が受け継いできた共通の文化や精神、価値観を自覚する機会を作り、次世代の一隅を照らす燈(あかり)とならんことを目指す。

心の闇を照らし教えや文化を受け継いでいく

本企画のキーワードとなる『伝燈』とは「師から弟子へ正法をうけ伝えること」を意味し、釈迦が亡くなる間際、弟子たちに「私の教えを心の拠り所となる燈となりなさい」と伝えたことが起源とされている。比叡山延暦寺には伝燈の象徴「不滅の法燈」があり、最澄の開山以来絶えず灯り続けるこの法燈は常に新しい油を注ぎ足していくことが1200年間受け継がれてきた。伝統・伝燈ともに「過去から現在、そして未来に繋ぐこと」を意味しており、「未来永劫、人の心の闇を照らし、明るく導かん」という願いが込められている。

夜の阿弥陀堂をランウェイにプロジェクションマッピングによる演出

比叡山延暦寺「阿弥陀堂」の廻廊と特設ステージを接続するランウェイで、着物を現代風にアレンジしたブランド「VEDUTA(ヴェデュータ)」の商品約30着を紹介するファッションショー「比叡山延暦寺 VEDUTA COLLECTION」。演出にはVEDUTAの着物デザインと連動したプロジェクションマッピングの他、伝統和太鼓とサブカルチャー音楽で伝統文化と現代カルチャーのコラボレーションを表現する予定。

adf-web-magazine-online-fashon-show-in-hieizan-2

ファッションショーを配信するプラットフォームのUIイメージ

ストリートファッションとして、和服を再解釈するアパレルブランド「VEDUTA」

伝統とトレンド、機能性を併せ持つMADE IN JAPANのアパレルブランド。トレンドのデザイン、日本の伝統、現代のライフスタイルに適合した機能性が特徴。2018年に佐渡ヶ島出身のデザイナー「渡邉仁(わたなべまさし)が立ち上げ、国内外のアーティストを顧客に持つ。ブランド名である「VEDUTA」はイタリア語で「景色」を意味し、「世界中の人々が、当たり前のように日本の着物を着ている景色を作りたい」という想いが込められている。

adf-web-magazine-online-fashon-show-in-hieizan-4

和裁師の縫製によるフード取り外し自由のオーバーサイズ羽織

adf-web-magazine-online-fashon-show-in-hieizan-13

伝統芸能 石見神楽の面師とコラボレーションした商品 Face 2 Faith

ARTORYについて

ARTORYは、“MAKE BUSINESS ENTERTAINING(ビジネスをおもしろくする)”をスローガンに、WEBサービス開発などを行うソリューションカンパニー。2011年に設立して以来、WEB、クラウド、コンテンツ制作、アプリケーション開発、デジタルマーケティングなどに精通し、IT×クリエイティブで地域企業からナショナルクライアントまで、幅広くクライアントの課題を解決している。


pwa