Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「チームラボプラネッツTOKYO」再開

チームラボの水に入るミュージアム「チームラボプラネッツTOKYO」は、国内外での新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休館していたが、政府の緊急事態宣言の解除、並びに東京都の展示施設(博物館、美術館、図書館等)に対する休業要請の解除を受け、2020年6月5日(金)より、入館制限等の感染防止策を実施の上で再開する。「チームラボプラネッツTOKYO」では、東京都感染拡大防止ガイドラインに従い、以下の3つの対策軸を掲げ、新型コロナウィルス感染防止策を実施。

adf-web-magazine-teamlab-planetz-reopen-2020

1. 入館人数の制限

チームラボプラネッツでは、従来から混雑緩和のため30分ごとの日時指定電子チケットによる「事前予約制」となっているが、再開後は密集回避のため、各時間枠のチケット販売数を制限する。また、一度に入館する人数も制限する。

公式チケットは2020年6月1日(月)よりチームラボプラネッツ TOKYO DMM チケットストアにて販売を再開。
​※チケットストア :  https://teamlabplanets.dmm.com
※販売対象期間:2020年6月5日〜7月31日

2. 入館事前対策

下記に該当する来場者には、チケット料金を払い戻しの上、入館を断る場合がある。

  • 発熱、咳、呼吸困難、全⾝倦怠感、咽頭痛、⿐汁・⿐閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充⾎、頭痛、関節・ 筋⾁痛、下痢、嘔気・嘔吐
  • 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある方
  • 同居家族や身近な知人の感染が疑われる方
  • 2週間以内に外国から帰国または渡航履歴のある方

3. 施設内における感染防止策と協力のお願い

  • 来場者のマスク着用。マスク着用を含む「咳エチケット」の励行、手指の洗浄・消毒。館内各所に消毒液を設置。
  • すべての来場者に対して、入館前に非接触型体温検知システムによる検温を実施。
    ※発熱が確認された場合は、チケットを払い戻しの上、入館を断る。
  • 入館口の待機列や券売機などには来場者同士の間隔が十分とれるよう目印を設置。
  • 館内の作品を鑑賞の際は他の来場者と2mほど間隔をあける。
  • 万が一、新型コロナウイルスに感染した場合は、当館まで連絡。
  • 下記作品のみ現在、閲覧不可。
    「やわらかいブラックホール - あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である」
    作品詳細:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/ew/soft_black_hole/
  • 館内は換気空調設備が24時間稼働。
  • 館内清掃・除菌作業を強化し、お客様、スタッフが直接触れることが多い箇所は重点的に清掃、消毒。
  • スタッフは体調管理を徹底し、またマスクを着用。

チームラボ / teamLab

アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。2020年秋まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ」開催中。2019年11月に上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。マカオに「teamLab Super Nature Macao」を開館予定。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art International.
チームラボ: http://teamlab.art/jp/
Instagram: https://instagram.com/teamlab/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART


pwa