Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現代最高の画家のひとり、デイヴィッド・ホックニー

美術出版社が『美術手帖』10月号でデイヴィッド・ホックニーを特集、発売中。ホックニーの人生と作品の秘密について、豊富な図版と読み応えのあるコラムとともに探る。現代最高の画家のひとり、デイヴィッド・ホックニーは、1937年にイギリスに生まれ、絵画、ドローイング、版画、写真、舞台芸術などの分野を横断しながら、60年代より半世紀以上にわたり現代美術の第一線で作品を発表し続けてきた。

adf-web-magazine-david-hockney-bijutsu-techo-1

『美術手帖』10月号

adf-web-magazine-david-hockney-bijutsu-techo-2

彼の作品の多くは、身の回りにある人物、静物、自然などがモチーフになっていて、その制作は、まずそれらを真摯に、そして徹底的に「見る」ことから始まっている。その視覚の豊かさを起点にした、描写力に優れた絵画空間は、世代や人種を超えて世界中の多くの人々を魅了してきた。

adf-web-magazine-david-hockney-bijutsu-techo-3

東京都現代美術館では、日本では27年ぶりとなる「デイヴィッド・ホックニー展」が開催中(2023年7月15日〜11月5日)。本特集では、作家自身の言葉・代表作を通観する作品制作年代記・関係者のインタビュー・論考から、その人生、独自の視覚論と制作論、そして作品に潜む思想に迫る。

adf-web-magazine-david-hockney-bijutsu-techo-4

また、一宮市三岸節子記念美術館(愛知)でこれまでの歩みを展覧する個展を開催した安藤正子のロングインタビュー、近年日本のアートシーンで見られるマンガ的な描写で女性を描くペインティングの存在について、江口寿史とKYNEへの考察をもとに、新たな見通しをつくることを試みる塚田優の論考を掲載している。

adf-web-magazine-david-hockney-bijutsu-techo-5

adf-web-magazine-david-hockney-bijutsu-techo-6

美術手帖2023年10月号 9月7日(木)発売号 概要

定価1800円+税
発行カルチュア・コンビニエンス・クラブ
発売美術出版社
URLhttps://bijutsu.press/books/5304/

pwa