Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

上村一夫のART Exhibition「manazashi」開催

代官山 蔦屋書店では、2020年7月24日(金)から8月9日(日)まで、CENTRO(WMJ) プロデュースによる、上村一夫・生誕80周年プロジェクトの一環として、アートエキシビジョン「manazashi(眼差し)」を開催。上村一夫の貴重な原画や愛用品、表紙を手がけた幻の書籍や雑誌、レコードジャケットなどを展示。また、代官山 蔦屋書店とのオリジナル限定グッズや、絶版になった書籍なども販売する。

adf-web-magazine-daikanyama-tsutaya-art-exhibition-manazashi

その流麗な筆画から「昭和の絵師」と呼ばれた漫画家上村一夫(1940-1986)。広告代理店でのイラストレーター時代に後の作詞家・阿久悠と出会い、劇画界へ。1970年代初頭、代表作『同棲時代』が一大旋風を巻き起こし「同棲」は当時の流行語にもなった。月に400枚もの原稿を描き上げる一方、毎晩のように酒を飲んでは夜の街に繰り出す日々。没後は国内にとどまらず、ヨーロッパを中心に翻訳版が出版され、原画も展示された。2017年にはアングレーム国際漫画祭にて『離婚倶楽部』が遺産賞を受賞。今もなお各国で人気を誇っている。

adf-web-magazine-daikanyama-tsutaya-art-exhibition-manazashi-2 adf-web-magazine-daikanyama-tsutaya-art-exhibition-manazashi-3

映画化された『修羅雪姫』(原作:小池一夫、作画:上村一夫)に感銘を受けた鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、映画『キル・ビル』の中で、オマージュしたカットを作ったのは有名な話。45歳という短い生涯を駆け抜けた上村の絵は、いま見ても息を飲むほど。その独特の絵柄で描かれた妖艶な女性たちは、どこか切なさを秘めながらも、燃え上がる情念の華を咲かせている。

adf-web-magazine-daikanyama-tsutaya-art-exhibition-manazashi-1

代官山T-SITE 建築デザイン: クライン・ダイサムアーキテクツ、RIA / Architect: Klein Dytham architecture, RIA

上村 一夫 プロフィール

1940年3月7日、神奈川県横須賀市生まれ。1962年、武蔵野美術大学デザイン科卒業。在学中にアルバイトで勤めた広告代理店宣弘社で、阿久悠氏と出会ったことから劇画の世界に入る。

1967年、『月刊タウン』創刊号「カワイコ小百合ちゃんの堕落」でデビュー。翌年、『平凡パンチ』連載の「パラダ』(原作・阿久悠)で本格的に劇画進出。以後、「同棲時代」、「修羅雪姫」(原作・小池一夫)、「しなの川」(原作・岡崎英生)など叙情的な名作を次々と発表。
特に「同棲時代」は"劇画史に一時代を画した"と評されるヒット作品となった。また、その流麗な筆画から"昭和の絵師"と称され、月産400枚の原稿を手掛ける多忙さを極めた。1985年11月、下咽頭腫瘍で入院。翌1986年1月11日、逝去。享年45歳。

上村一夫 ART Exhibition 「manazashi」情報

会期2020年7月24日(金)~8月9日(日)
時間9:00~22:00
場所代官山 蔦屋書店 2号館1階 階段下ギャラリースペース(旧山手通り側)
主催代官山 蔦屋書店
共催・協力株式会社CENTRO 上村一夫オフィス
お問合せ先代官山 蔦屋書店
event_daikanyama@ccc.co.jp