Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

展示内容の見どころを公開

2022年11月1日、愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」内にスタジオジブリ作品の世界観を表現した公園施設「ジブリパーク」が開園する。その開園を記念し、同じ愛知の地でジブリパーク誕生の舞台裏を紹介する「ジブリパークとジブリ展」を2022年10月29日より愛知県美術館で開催する。ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督のこれまでの仕事と作品を振り返るとともに、スタジオジブリの最新作ともいえる「ジブリパーク」をどのように考え、描き、つくっているのかを初公開となる数々の制作資料とともに紹介。

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-1

© Studio Ghibli © Kanyada

「ジブリパーク」の新たな楽しみ方に出会える特別な展覧会で、ジブリパーク誕生に至るまでの背景、施設にまつわる秘密に迫ることができる。

ジブリパークのつくりかた 貴重な制作資料や試作品を初公開

ジブリパークは、アニメーションの世界を自分の足で歩き、秘密を発見する場所。公園の地形を生かして建てられた建物や、もともと屋内プールだった施設の中につくられた「ジブリの大倉庫」には、ジブリの秘密がいっぱい。宮崎吾朗監督が指揮する、ジブリパーク制作の裏側を紹介する。

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-2

ジブリの大倉庫 中央階段のイメージスケッチ

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-6

ジブリの大倉庫 イメージスケッチ 宮崎吾朗画 © Studio Ghibli

「ジブリの大倉庫」に登場する「にせの館長室」を再現展示。映画『千と千尋の神隠し』の湯婆婆が執務室で仕事に没頭する姿を見ることができる。

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-11

にせの館長室

ジブリの大倉庫と同じく、2022年11月1日に開園する「青春の丘」では、映画『耳をすませば』に登場するバロンに出会うことができる。本展ではバロンの人形を制作する過程で使用された素材や模型などを展示する。

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-5

バロンとルイーゼの検討用素材・模型

2024年3月開園予定の「魔女の谷」には、映画『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」が建設予定。本展ではハウルの城を建てる過程で使用された貴重な模型が展示される。

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-3

「ハウルの城」のCGパース

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-4

ハウルの城 右前脚部の原寸大模型

宮崎吾朗監督自ら解説 企画展示「アーヤと魔女」展を再現展示

東京都三鷹市の「三鷹の森ジブリ美術館」で、2021年6月から翌年5月まで開催された企画展示「アーヤと魔女」展を再現。2Dセルアニメーションと3DCGアニメーションの違いとは?背景美術や小物、食べ物の表現とは?スタジオジブリならではの3DCGアニメーションのつくり方、その制作の舞台裏を宮崎吾朗監督自ら解説する。

adf-web-magazine-ghibli-park-exhibition-7

「アーヤと魔女」展の再現展示

「ジブリパークとジブリ展」愛知会場開催概要

会期2022年10月29日から12月25日まで
会場愛知県美術館
時間10:00 ~ 18:00

pwa