Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現代アート × 古美術のコラボレーション

アートギャラリーYUKIKOMIZUTANIで古美術と現代アートによる展覧会「Beyond the Spacetime」が2024年2月24日(土)から3月15日(金)まで開催される。本展は中国の古美術全般を取り扱う千秋庭とのコラボレーション企画で、YUKIKOMIZUTANIからは山本基、釘町彰、ヤビク・エンリケ・ユウジ、坪本知恵の作品を展示し、時空を超えた美しさのコントラストを演出する。現代を生きるアーティストたちの作品が5000年の時空を超えた古代の造形美と出会うことで生まれる新たな空間をギャラリーで体験することができる。adf-web-magazine-beyond-spacetime-1

アーティストプロフィール

山本基 プロフィール

塩を用いたインスタレーションや主にアクリル絵具で描かれる平面作品などで広く知られ、ニューヨーク近代美術館MoMA P.S.1やエルミタージュ美術館など、国内外の美術館展示では主に塩のインスタレーションを制作してきた。亡き人への想いを作品へと昇華させ、その想いが美しさとして作品を包み込む。本展では「迷宮」をテーマにしたペインティングの大作などを展示。

釘町彰 プロフィール

パリのアトリエを拠点に天然岩絵具や墨、胡粉などを用いて絵画作品を制作。パリのセルヌスキ美術館で所蔵されているが、領域を限定することなく写真や映像を用いて幅広く作品を制作し、現代アーティストとして精力的に活動している。ランドスケープに真摯に対峙し、自身を媒体としてこの世界を繊細に写し出す。

ヤビク・エンリケ・ユウジ プロフィール

ブラジルと日本の文化を融合して制作されるその独特な作品で熱狂的なファンを獲得しているヤビクは、19歳の時に古書店で見つけた雑誌のグラフィックやフォントに衝撃を受けコラージュの創作を始める。キャンパス作品は一見無機質な抽象絵画のように見えるが、実際には和紙を何層にも貼り付けその上から絵具で描くというコラージュアーティストらしい独自の技法で作品を生み出している。

坪本知恵 プロフィール

刻印された文字とその消失をテーマに作品を発表し、無作為の中に芸術性を見出してきた。ステンシルを用いて何度も塗り重ねられた文字は意味が読み取れない形になるが、白い下地の間に見え隠れする「とめ・はね・はらい」から、それらが文字であると認識することができる。坪本は過去を「伝わる」と「伝わらない」の連続であると表し、その認識齟齬の上に今があるのだと考え、そのような不確定で不確実な現実とどう付き合うのかを制作の中で模索している。adf-web-magazine-beyond-spacetime-2adf-web-magazine-beyond-spacetime-3adf-web-magazine-beyond-spacetime-4adf-web-magazine-beyond-spacetime-5adf-web-magazine-beyond-spacetime-6adf-web-magazine-beyond-spacetime-7adf-web-magazine-beyond-spacetime-8

adf-web-magazine-beyond-spacetime-9

「Beyond the Spacetime」 開催概要

会期2024年2月24日(土)から3月15日(金)まで
時間12:00 ~ 18:00
URLhttp://tinyurl.com/5xbj8tc2