Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

”建築にアートが住み着くマツモトの冬”、マツモト建築芸術祭が初開催

長野県松本市の名建築とアートを融合させ、松本の魅力を県内外に広く発信する「マツモト建築芸術祭」が”名建築にアートが住み着くマツモトの冬”をキーメッセージに2022年1月29日(土)から2月20日(日)まで初開催する。松本市の魅力のひとつが、二つの国宝、さらに市内にある数々の国登録有形文化財等の名建築だ。本芸術祭では、国宝「旧開智学校」をはじめ、昭和初期に建設された国登録有形文化財「旧第一勧業銀行松本支店」、長野県宝「旧念来寺鐘楼」ほか、ノスタルジックな趣でデザイン性に優れた建築など市内十数か所の「名建築」を会場に、実力派アーティストがコラボレーションし、アート作品との相乗効果で見慣れた風景が特別な空間へと一変する。

adf-web-magazine-matsumoto-architecture-art-festival-2021-1.jpg

五月女哲平の作品《Figure" Acrylic oncanvas》 2012 を起用したポスター

出展アーティストは世界で活躍する若手から、地元ゆかりの重鎮まで十数名がそれぞれの建築空間を生かした展示を行う。松本出身で日本を代表する広告写真家の白鳥真太郎は、昭和の洋風建築が特徴の生家「白鳥写真館」を会場に、また老舗の高級料亭「割烹 松本館」が公開され、松本出身の彫刻家太田南海の装飾芸術も堪能できる。アートを起爆剤として名建築を巡ることで、「アートに寄り添う文化都市」松本の魅力を県内外に広く発信する。

adf-web-magazine-matsumoto-architecture-art-festival-2021-2.jpg

アルモニービアン・松本丸の内ホテル(旧第一勧業銀行松本支店)

会場と参加アーティスト

アルモニービアン/松本丸の内ホテル(旧第一勧業銀行松本支店)、旧開智学校、割烹 松本館、旧念来寺鐘楼、池上邸土蔵、かわかみ建築設計室(旧松岡医院)、白鳥写真館、下町会館、宮島肉店、池上百竹亭 茶室旧松本カトリック教会司祭館松本聖十字教会レストランヒカリヤ(旧光屋)、珈琲茶房かめのや、他:国宝:国登録有形文化財:長野県宝 

adf-web-magazine-matsumoto-architecture-art-festival-2021-3.jpg

割烹 松本館

出展アーティスト(アイウエオ順・2021年12月6日現在)

磯谷博史、井村一登、石川直樹、太田南海、河田誠一 、釘町彰、白鳥真太郎、五月女哲平、土屋信子 、中島崇、本城直季、松澤宥、山内祥太、ロッテ・ライオン、他

adf-web-magazine-matsumoto-architecture-art-festival-2021-4.jpg

旧開智学校

マツモト建築芸術祭 (MATSUMOTO Architecture + Art Festival)概要

会期2022年1月29日(土)から2月20日(日)まで *会期中無休
会場松本市内十数か所
入場料無料

pwa