Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「安藤忠雄 描く」「都市と私のあいだ」「Self-History」3つのテーマによる展示

寺田倉庫が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)」は、大林コレクション展「安藤忠雄 描く」「都市と私のあいだ」「Self-History」を2021年9月25日(土)から2022年2月13日(日)まで開催する。

adf-web-magazine-tadao-ando-what-museum-terrada

WHAT MUSEUMは、作家やコレクターから預かるアート作品を公開する芸術文化発信施設として2020年12月にオープンした。作家の思いはもちろん、作品を収集するコレクターのこだわりを大切な作品と共に展示し、アートとの出会いの場を創出している。今回の大林コレクション展は、国際芸術祭「あいち2022」(愛知県)の組織委員会会長を務める大林剛郎が長い年月をかけて築いたコレクションに焦点を当て、3つのテーマに沿って展示を行う。同コレクションの出発点でもある建築家の安藤忠雄による平面作品に着目した「安藤忠雄 描く」、アーティストがさまざまな視点で都市を捉えた写真が並ぶ「都市と私のあいだ」、40点以上の貴重な現代アート作品を総覧できる「Self-History」、これらの展示を通して、大林コレクションの変遷に迫るとともに、収集作品群への多角的なアプローチを試みる。

adf-web-magazine-tadao-ando-what-museum-terrada-1

adf-web-magazine-tadao-ando-what-museum-terrada-2

adf-web-magazine-tadao-ando-what-museum-terrada-3

adf-web-magazine-tadao-ando-what-museum-terrada-4

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」では、長さ10mにおよぶドローイングを中心に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平面作品15点を展示する。安藤忠雄のプロジェクトは、未来を 「想い描くこと」、それを「図として描くこと」から始まる。和紙に描かれた細いペンと色鉛筆の繊細で柔らかな筆致からは、安藤が真摯に都市と建築に向き合う姿が垣間見え、ダイナミックなドローイングの筆跡からは、力強く未来に向かって挑む姿が連想される。「都市と私のあいだ」、「Self-History」の詳細については順次公開される。

大林コレクション / 大林剛郎 プロフィール

1954年東京都生まれ。公益財団法人大林財団理事長。国際芸術祭「あいち2022」組織委員会会長、ほか国内外の美術館評議員やインターナショナル・カウンシル・メンバーを務める。著書『都市は文化(アート)でよみがえる』(集英社、2019年)。

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」概要

会期2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)(年末年始休館予定)
会場WHAT MUSEUM 1階 Space2
住所〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号
開館時間火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入 場 料一般1200円、大学生/専門学校生 700円、中高校生 500円、小学生以下 無料
URLhttps://bit.ly/3skl8Us

pwa