Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「建築/都市に触れる」をテーマに全国各地でシンポジウムや講演会、展覧会、ワークショップを開催

日本建築学会が主催する「建築文化週間2022」は、2022年9月30日(金)から11月19日(土)まで、「建築/都市に触れる」をテーマに全国各地の会場で様々なイベントを開催する。イベントを通して、直接的な接触が制限された世界にあって、あらためて「触れること」の価値と意味を探る。adf-web-magazine-aij-architectural-culture-week-2022-1

人と人が触れ合い、さらに人以外の存在とともに生きていく空間は生み出せるのか? 歴史や地形が織りなす織物としての都市に触れることは、いかなる質感を与えてくれるのか? そして、ARやVRなどの新しいテクノロジーは、デジタルとリアルの世界にどのような接触を可能にするのか?

ひと月にわたって全国各地で開催されるシンポジウムや講演会(9企画)、展覧会(1企画)、ワークショップ(4企画)、見学会(7企画)を通して、まだ「触れぬ」建築と都市にコンタクトを試みてはどうか。adf-web-magazine-aij-architectural-culture-week-2022-2

「建築文化週間2022」主な企画

本部企画
建築夜楽校2022

シンポジウム「道/街路/ストリートについて―日本の街路に公共性はあるか?」

講演者:西田 司(オンデザインパートナーズ代表)、卯城竜太(Chim↑Pom)、小川さやか(立命館大学教授)

建築文化考2022

シンポジウム「都市のテクスチュア―眼で触れる都市像をさぐる」

講演者:港 千尋(多摩美術大学教授)、野老朝雄(美術家)、平瀬有人(佐賀大学准教授)

建築展覧会2022「STREET TOOLS」

出展者:アーバンデザインセンター大宮:UDCO、NO ARCHITECTS、TAIYA、mi-ri meter、about your city、ondesign、沼俊之(dot studio)+籔谷祐介(富山大学)+阿久井康平(大阪公立大学)、DDAA、ゲキダンイイノ、Luup、未満建築デザインファーム、古渡大+アラウンドアーキテクチャーほか

カルチベートトーク2022

「VR・メタバース―社会が変わるビジュアライゼーションの今」

講演者:せきぐちあいみ(VRアーティスト・タレント・女優他)、
鈴木あつし(日本マイクロソフト社シニアテクニカルアーキテクト/NEDO技術委員/上智大学非常勤講師)

学生ワークショップ2022

「建築学生の変遷―これからの建築学生に求められるものとは何か?」

講師:古谷誠章(ナスカ代表取締役/早稲田大学教授)、五十嵐太郎(東北大学教授)、山田紗子(山田紗子建築設計事務所代表)、山本 至(itaru/taku/COL.共同主宰)、 板坂留五(RUI Architects主宰)

学生グランプリ2022 公開審査「銀茶会の茶席」
トウキョウ建築まち歩き2022 見学会「麻布・飯倉 坂歩き」

ナビゲーター:大森晃彦(建築メディア研究所代表)

支部企画
建築文化週間2022支部主催企画

9支部それぞれが主催する企画

北海道支部東北支部関東支部東海支部北陸支部近畿支部中国支部四国支部九州支部

※各企画の詳細は、特設ウェブサイトを参照

建築文化週間について

日本建築学会では、建築に対する認識向上と理解の深化を目的に、広く社会に向けてさまざまな事業を展開しており、その一環として毎年10月に「建築文化週間」を開催している。全国各地で開催されるシンポジウムや見学会、学生コンペなどの文化的催し物には、会員のみならず建築関係者、建築系学生、一般市民などが参加している。

「建築文化週間2022」開催概要

会期2022年9月30日~11月19日
会場東京・建築会館ホールほか
ウェブサイトhttp://bunka.aij.or.jp/2022/

pwa