Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

企画公募プログラム「オープンサイト5」開催

オリンピック・パラリンピックの開催都市東京が展開する文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の1つとして実施される「オープンサイト5」。あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、2016年より始まったトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラム「オープンサイト」の5回目となった2020年度は、国内外から161企画の応募があり、厳正なる審査を経て選出した10企画を2020年11月より2期にわけて実施している。Part2のパフォーマンスやイベントは2021年1月13日(水)から始まる。adf-web-magazine-tokyo-arts-and-space-1

実施企画

展示

1/13(水) – 2/7(日)11:00 – 19:00 / 無料

上村洋一+黒沢聖覇「冷たき熱帯、熱き流氷」

adf-web-magazine-tokyo-arts-and-space-2

上村洋一+黒沢聖覇 《Thermo-cruising》 2020 ©Yoichi Kamimura + Seiha Kurosawa

互いに流氷の冷たさと熱帯雨林の熱さを体験したアーティスト2人が、新しい環境観を志向する共同制作プロジェクト。惑星規模で変化する環境やエコロジーに対する新しい感性と問いを提示する芸術的方法論を模索する。

飯沼珠実 「建築のことばを探す 多木浩二の建築写真」

adf-web-magazine-tokyo-arts-and-space-6

飯沼珠実 《谷川さんの住宅》 写真:多木浩二 設計:篠原一男

批評家・多木浩二が撮影した建築写真をリサーチしたアーティスト・飯沼珠実による成果発表。2020年に同タイトル写真集を刊行した際の制作過程とともに、関係者との対話を通じて、多木の建築写真を考察する。

パフォーマンス

どうぶつえん 「どうぶつえん in TOKAS 2021」

adf-web-magazine-tokyo-arts-and-space-3

どうぶつえん『どうぶつえん』Vol. 10 よりAokidの発表 2019 写真: 三木仙太郎

2016年より、野外パフォーマンスイベントとして開催されてきたどうぶつえん。今回初めて会場を屋内に移し、これまでに参加した表現者たちによるパフォーマンスやトーク、レクチャーなどさまざまなプログラムを実施予定。

ブルーエゴナク 「Coincide 同時に起こること」

adf-web-magazine-tokyo-arts-and-space-4

ブルーエゴナク『ROMEO AND JULIET』 2019 作・演出:穴迫信一

韻を踏む行為によって言葉が新たな意味を規定し始めることを「言語によるドラマの誘因性」とし、その可能性の検証を目指すパフォーマンス。

y/n 「セックス / ワーク / アート」

adf-web-magazine-tokyo-arts-and-space-5

y/n 『カミングアウトレッスン』2020

自らの身体を媒体とした客とのコミュニケーションを仕事とする俳優とセックスワーカー。それら労働の対価として存在する金銭について問うレクチャー・パフォーマンス。

「OPEN SITE 5 Part 2」開催概要

会期2021/1/9(土)-2/7(日)
休館日月曜日、1/9(土) - 1/11(月・祝)、1/12(火)
会場トーキョーアーツアンドスペース本郷
ウェブサイトwww.tokyoartsandspace.jp/

pwa