Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Hypebeast Magazine最新号「The Circle Issue」でNYが拠点のアート集団MSCHFを全面特集

Hypebeast Magazine(ハイプビースト マガジン)の最新号 『The Circle Issue(ザ サークル イシュー)』では、アメリカ・ニューヨークを拠点とするアート集団 MSCHF(ミスチーフ)を全面特集する。『Hypebeast Magazine Issue 31: The Circle Issue』(税込 3648円)は、現在「HBX」で販売中。adf-web-magazine-hypebeast-magazine-the-circle-issue-mschf

ビッグレッドブーツやATMリーダーボードといった挑戦的な作品で知られるアート集団MSCHF。業界全体を撹乱する火種になりがちな彼らだが、一体何が彼らを突き動かしているのかは謎に包まれている。今の今までは。今回の貴重なインタビューでは、MSCHFに属する5人のメンバー(素性は明かしていない)が、型破りな創作プロセス、大胆不敵なプロジェクトのインスピレーション源、論争を起こすためだけの活動ではない理由などを明かしている。

Hypebeast 100受賞者の独占インタビューでは、KIDSUPER(キッドスーパー)、Julian Klincewicz(ジュリアン・クリンスウィックス)、Kyle Ng(カイル・ウン)のBrain Dead(ブレイン デッド)といった豪華な面々が、サブカルチャーに貼られたレッテルの打破からブランドに込められた意図まで、さまざまなトピックについて議論する。

その他にも、グラフィティ・アーティストのKATSU(カツ)、写真家のNadida Lee Cohen(ナディア・リー・コーエン)、デジタル家具デザイナーのmuddycapへのインタビューも掲載。また、ガーナのストリートブランド FREE THE YOUTH(フリー ザ ユース)の創設者とイラン系アメリカ人アーティストBijan Berahimi(ビジャン・ベラヒミ)は、ディアスポラと文化遺産の美しさについてを、ハードコアシーンで最もホットなバンド Turnstile(ターンスタイル)は、ジャンルの進化とそのユニークさについてを、Zack Bia(ザック・ビア)は自身のレーベル Field Trip Records(フィールド トリップ レコード)についてをそれぞれ語っている。

加えて、レコードコレクター/DJ特集、Lookout & Wonderland(ロックアウト & ワンダーランド)による手染めのハウツー、AIデザインの限界に挑む3人のクリエイターの座談会、POST ARCHIVE FACTION(ポスト アーカイブ ファクション / PAF)、Silage(サイレージ)創業者のYuthanan(ユタナン)、Western Hydrodynamic Research(ウェスタン ハイドロダイナミック リサーチ )の特集、レアな書店ガイドからTikTokクリエイターたちとのチャット、ユニークなチェア、光の彫刻、ダンベルにスポットライトを当てたプロダクト特集など多くの内容が掲載されている。

Hypebeastについて

2005年に設立されたHypebeastは、メンズコンテンポラリーファッションのリーディングプラットフォーム。カルチャー軸で好奇心旺盛なHypebeastは、世界中で起きているトピックスをピックアップし、編集主導のニュースやコマーシャルにおける主要なオンラインプラットフォームの1つとなった。現在、15カ国以上で展開しており、読者はファッション、アート、音楽、デザイン、ライフスタイルなど、カルチャーに関連性の高い最新のニュースや動向を知ることができる。