Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

世界的に活躍する振付家 / ダンサーのダミアン・ジャレと名和晃平の協業により創作されたパフォーマンス三部作を収めた一冊

美術出版社は世界的に活躍する振付家 ダミアン・ジャレと彫刻家 名和晃平によるパフォーマンス三部作を収めた作品集『VESSEL / Mist / Planet [wanderer]ダミアン・ジャレ|名和晃平』を2022年5月2日(月)に刊行する。また銀座 蔦屋書店では本作品集の刊行記念展覧会を2022年5月8日(日)まで開催している。

adf-web-magazine-book_art_publication-1

本書概要

世界的に活躍する振付家 / ダンサーのダミアン・ジャレが、名和晃平との協業により創作した同名パフォーマンス三部作の作品集。もともと日本文化に深い関心を寄せていたジャレが2013年のあいちトリエンナーレで名和の立体作品「Foam」に共鳴し、二人のコラボレーションは始まった。2016年に日本で初演を迎えた「VESSEL」、映像作家ラヒ・レズヴァニによる美しい映像作品として発表された「Mist」、2021年にコロナ禍を経ての上演で絶賛された「Planet [wanderer]」。三部作にわたる新たなパフォーマンスの魅力をあますところなく大判ページにて収録。ジャレ、名和のインタビュー、三作品それぞれの作品評など作品世界を読み解くテキストも充実している。

adf-web-magazine-book_art_publication-5

© Studio M

3つのパフォーマンス作品の舞台写真を収録。

「VESSEL」

2016年に京都で初演。胎盤を思わせる中央の白い円盤のような舞台装置が印象的。ダンサーたちは頭を隠した「ヘッドレス」のポーズでさまざまなシーンを構築していく。森山未來も出演。

adf-web-magazine-book_art_publication-4

©Yoshikazu Inoue

「Mist」

2021年5月にオランダで予定されていた舞台公演が中止となり、映像作家ラヒ・レズヴァニの撮影による映像作品として2022年1月にオンライン配信。霧の幻想的なイメージが美しい。

adf-web-magazine-book_art_publication-2

©Rahi Rezvani 2022

「Planet [wanderer]」

2021年9月にパリで初演。植物のように⾵に揺れるダンサーたちの⾝体表現は圧巻。光を鋭く反射する鉱物のランドスケープを背景に地を這う霧や降り注ぐ粘度の高い白色の液体が、気象現象のように舞台を包み込む。

adf-web-magazine-book_art_publication-3

©Rahi Rezvani 2022

その他読み物ページもダミアン・ジャレ インタビュー、名和晃平インタビュー、「VESSEL」作品評バジル・ドガニス、「Mist」作品評コリーヌ・アトラン、「Planet [wanderer]」作品評エマヌエーレ・コッチャ、ダミアン・ジャレ論考ロジータ・ボワソー、名和晃平論考 小崎哲哉など、充実の内容となっている。

プロフィール

adf-web-magazine-book_art_publication-8

© Rahi Rezvani 2022

DAMIEN JALET/ダミアン・ジャレ(写真右)

フランス系ベルギー人の振付師・ダンサーで国際的に活躍し、各国で様々なアワードを受賞。ビジュアルアート、音楽、映画、演劇、ファッションなど、分野を横断し、常にダンスの限界を超えようと模索する。長年にわたり名和晃平、マリーナ・アブラモヴィッチ、アントニー・ゴームリー、ポール・トーマス・アンダーソン、マドンナ、坂本龍一、ジム・ホッジス、トム・ヨーク、ルカ・グァダニーノ、JR、シディ・ラルビ・シェルカウイなどといった芸術家とのコラボレーションを展開。自身の作品以外にも、Les Ballets C. de la B.、サシャ・ヴァルツ&ゲスト 、チャンキー・ムーヴ、イーストマン、NYDC(ニューヨーク・ダンス・クリエーターズ)、Hessiches Staatsballett、パリ・オペラ座バレエ団など世界の有名ダンスカンパニーのコミッションワークも手掛ける。2013年、フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」を授与。

KOHEI NAWA / 名和晃平(写真左)

1975年生まれ。彫刻家 / Sandwich Inc.代表 / 京都芸術大学教授。京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年「Sandwich」を創設。感覚に接続するインターフェイスとして、彫刻の「表皮」に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸として、2002年に情報化時代を象徴する「PixCell」を発表。生命と宇宙、感性とテクノロジーの関係をテーマに、重力で描くペインティング「Direction」やシリコーンオイルが空間に降り注ぐ「Force」、液面に現れる泡とグリッドの「Biomatrix」、そして泡そのものが巨大なボリュームに成長する「Foam」など、彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出してきた。近年では、アートパビリオン「洸庭」など、建築のプロジェクトも手がける。2018年にフランス・ルーヴル美術館ピラミッド内にて彫刻作品「Throne」を特別展示。

『VESSEL / Mist / Planet [wanderer] ダミアン・ジャレ|名和晃平』概要

発売美術出版社
定価11,000円
仕様B4判変型 / 168ページ
発売日2022年5月2日(月)

pwa