Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

国立科学博物館 企画展「日本のたてもの - 自然素材を活かす伝統の技と知恵」開催

国立科学博物館、文化庁、日本芸術文化振興会、東京国立博物館、読売新聞社が主催する展覧会「日本のたてもの - 自然素材を活かす伝統の技と知恵」は、木・草・土・石など多様な自然素材を優れた造形物に発展させてきた日本の建築を主題として、その要素を高い加工技術で凝縮した「建築模型」などの建築資料に焦点を当て、古代から現代までの代表的な名建築を通史的に概観する。

adf-web-magazine-japanese-architecture-traditional-skills-and-nature-materials

「日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵」展は3つの会場(国立科学博物館・東京国立博物館・国立近現代建築資料館)で開催することとなっており、2020年12月8日(火)に開幕する国立科学博物館会場では、「近代の日本、様式と技術の多様化」をテーマとして、主に近代以降の日本の建築やその様式について、12点の「建築模型」や図面・建築素材といった関連資料を展示する。

japanese-architecture-traditional-skills-and-nature-materials-1

第一国立銀行 50分の1模型 国立科学博物館蔵

japanese-architecture-traditional-skills-and-nature-materials-4

髙島屋東京店 80分の1模型 髙島屋史料館蔵

japanese-architecture-traditional-skills-and-nature-materials-2

帝国ホテル旧本館 200分の1模型 帝国ホテル蔵

japanese-architecture-traditional-skills-and-nature-materials-3

旧東京科学博物館本館 75分の1模型 国立科学博物館蔵

japanese-architecture-traditional-skills-and-nature-materials-6

光の教会 10分の1模型 安藤忠雄建築研究所蔵

「日本のたてもの - 自然素材を活かす伝統の技と知恵」展概要

会場テーマ近代の日本、様式と技術の多様化 
会場国立科学博物館 日本館1階 企画展示室
会期2020年12月8日(火)~2021年1月11日(月・祝)
開館時間午前9時~午後5時(金・土曜日は午後6時まで)
休館日毎週月曜日、2020年12月28日(月)~ 2021年1月1日(金・祝)
料金一般・大学生:630円(税込)、高校生以下および65歳以上無料
備考予約サイトで事前予約

pwa