Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

弘前れんが倉庫美術館が「りんご前線」を開催

弘前れんが倉庫美術館では、秋冬プログラムに「りんご前線 - Hirosaki Encounters」を2021年9月18日(土)から2022年1月30日(日)まで開催する。本展では、りんごのテロワール(土壌)としての「弘前」の地に注目し、弘前ゆかりのアーティストの作品や、当地との出会いで生まれた作品を紹介するとともに、企画展タイトルの”前線”をキーワードに、弘前との出会いや異なる世界との交差、家族の歴史を通した自らのルーツの発見といった様々な遭遇や対峙・交流から生まれるエネルギーなどについて考える。

adf-web-magazine-hirosaki-museum-of-contemporary-art-hirosaki-encounters-1.jpg

ケリス・ウィン・エヴァンス《Drawing in Light (and Time) ...suspended》2020年
弘前れんが倉庫美術館「りんご前線 - Hirosaki Encounters」
Photo: ToLoLo studio

展覧会の見どころ

イギリスを代表するアーティスト、ケリス・ウィン・エヴァンス (Cerith Wyn Evans) が弘前でりんごに出会ったことから発想して制作した高さ7mにおよぶ巨大なネオンの彫刻を、春夏プログラムから継続して展示。さらに弘前市の名誉市民である洋画家の佐野ぬい、現在はパリを拠点に活動する弘前出身の斎藤麗、そして父親が弘前生まれというルーツをもち、小説執筆や漫画家、アーティストとして多彩な活動を展開する小林エリカなど、弘前と様々な接点を持つ5名のアーティストが参加する。絵画、彫刻、ドローイング、映像、インスタレーションなど多様な作品群を、煉瓦倉庫を改修した特徴的な展示空間に合わせて、弘前ならではの展示が広がる。

adf-web-magazine-hirosaki-museum-of-contemporary-art-hirosaki-encounters-2.jpg

「りんご前線 - Hirosaki Encounters」アーティスト作品

参加アーティスト

小林エリカ、斎藤麗、佐野ぬい、塚本悦雄、村上善男、ケリス・ウィン・エヴァンス

「りんご前線 - Hirosaki Encounters」開催概要

会期2021年9月18日(土)から2022年1月30日(日)まで
時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
場所弘前れんが倉庫美術館 (青森県弘前市吉野町2-1)
休館日火曜日(祝日の場合は翌日に振替)
観覧料 一般 1,300円(1,200円)
ウェブサイトhttps://www.hirosaki-moca.jp/

pwa