Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

和食板垣にて建物内部の意匠も楽しめる

国の文化審議会文化財分科会の審議・議決を経て、足立区千住の旧板垣家住宅主屋が国登録有形文化財(建造物)として2022年7月22日に文部科学大臣に答申された。今後、官報告示を経て正式に登録される予定。国登録有形文化財に登録予定の旧板垣家住宅は、江戸時代に千住宿として栄えた旧日光街道に面する洋館付和風住宅。adf-web-magazine-itagaki-residence-cultural-property-1

昭和13年築の瀟洒なたたずまいを生かしながら、内部はリノベーションされ、日本料理店「和食板垣」として営業されている。国の文化審議会は、「千住宿の日光・水戸街道分岐に位置する洋館付二階建て和風住宅。入母屋造りの玄関脇に設けた洋館は、切妻造りフランス瓦葺きで台形出窓が瀟洒。街道沿いの伝統的景観を形成し、現在、料理店として活用。」と評している。

板垣家の歴史

江戸時代から千住に住んでいた旧家板垣家は、大正時代には農家として現在の荒川の中に位置していたが(川田耕地)、大正2年、荒川放水路掘削にあたり、現在の千住五丁目に転居。その後は荒物屋を開業し、商売を営む。現在の建物は東京市議会議員を務めた板垣信春が昭和13年に住宅として建てたもので、旧日光街道と旧水戸街道が分岐する位置に現存する。板垣信春は、新道の建設に注力し実現に導いたことから、板垣家が面する道は地元では“板垣通り”と呼ばれている。大正期から昭和初期にかけて、和風住宅の一部に洋風の応接間のついた住宅が全国的に建てられたが、旧板垣家住宅にはその典型的な建築様式が見られる。玄関の格天井や床の間の違い棚、欄間や建具等に繊細な細工がなされ、当時の当主と大工のこだわりが感じられる。

adf-web-magazine-itagaki-residence-cultural-property-2

写真右側の青い屋根の部分が洋室部分。外観の出窓のほか、洋室部分は内部の意匠も洋風。この部屋は『和食板垣』で予約できる個室として使用されている

adf-web-magazine-itagaki-residence-cultural-property-4

時間を重ねた元の建物を生かしながら、現代風にリノベーションされた内装

adf-web-magazine-itagaki-residence-cultural-property-3

2020年「和食板垣」としてスタート

当時の当主・板垣稔が当家の相続にあたり、建物を残し活用してくれる方への売却を希望。幼少のころから板垣邸を見て育った、近藤温(あつ)思(し)が土地・建物を購入し、2020年11月より、「和食板垣」として営業している。


pwa